体験談

面倒くさがりでも絶対気をつけるべき美白のこと

投稿日:

鏡で見て不満そうな顔の女性

引っ越しを機にスキンケアを考えるように

私は20代前半の女性で、元々あまり美容にこだわりがなく生きてきました。
日焼けについても対して悩みを持ったことはなく、日焼け止めを買うのも塗るのも面倒だし、焼けるなら焼けてしまえ!といった調子でした。
雪国に住んでいたこともあり、日焼けで困ると感じたことがなかったからです。

しかし、大学進学のため関東へ引っ越したあとで少しずつ不便さを感じ始めました。
大学へ行っても在学中にアルバイトをしても、身だしなみに気を使わなければと思わされるような人たちしか周囲にいなかったからです。
スキンケアなどのお肌に気を遣うことに興味はなかったものの、昔から自分の顔が好きになれず化粧だけは大好きでよくしていたので、これを機に土台作りをしっかりしなければと思い始めました。
今考えると、スキンケアを全くしないでメイクを繰り返していたという事実が恐ろしくてなりません・・・。

小さなシミや手遅れになっていた日焼け

そしてやっと日焼け止めを購入したはいいが、肌の手入れを初めてからというもの愕然とすることばかりでした。
今まで何もしなかったことの報いとして、まず小さなシミたち。
もう手遅れになっていた日焼けは、鼻の頭だけ黒かったり、メガネの形に焼けていたり、悲惨なものです。
ファンデーションの色も合わなくなっていて、気を付けて見てみるとこんなに見た目がダメになるものなのかとショックを受けました。
当時20歳にして自分の肌の現実に直面した瞬間です。
肌が白くてきれいな人を見かけると、美人だなあ、あんな肌になりたい、と思うようになり、気を付けてみようと考えました。

 

 

日焼け止め

そこからいろいろなものを試した結果愛用しているのは、『ビオレ さらさらUVアクアリッチ ウォータリーエッセンス SPF50+PA++++』、『スキンアクア サラフィットUV さらさらスプレー SPF50+PA++++』の2つです。

自分で調べたり試したりしながら試行錯誤してみた結果としては、多めに使えることが私には最優先でした。
有能な日焼け止めを使うのが一番良いのだとは思いますが、いかんせん意外に値段が張るものです。
更に、SPFやPAを気にして買ったとしても、結局汗や行動した時の衣擦れなどでさっさと落ちてしまうことがほとんど。
結局日焼け止めを買った後にも、そのせいで美白についての悩みは消えませんでした。

こまめに塗り直し

そうなると、言ってしまえばこまめに塗り直し続けたもの勝ちじゃないか?という結論に至ります。
幸い私自身肌が弱いということもないためPAの強いものをいくら塗っても平気ですし、お手洗いに行く回数も多かったりするため、時間もとることができます。
それを含めて考えると、安価で強い効能のものを繰り返し買い足して、出かけるときには頻繁に塗り直すのが一番確実ではないかと思い、実践を続けています。
どちらか一方だけでは落ちるのも早く、日焼けしてしまう部分も多く、部分的に焼けてしまうのが特に汚く見えて嫌だったので、クリームタイプのものの上からスプレータイプも噴射しています。
もちろん、どちらも多めにつけることを心がけています。

 

 

スキンケア

しかし美白にはまだ遠く、特に顔部分が気になっていました。
日焼け止めの効果を実感できるようになっても、顔はやはり日に当たる場面が多かったせいで体ほどきれいではありませんでした。
文字通り美しい白さになるために、顔をもっときれいにしなければ!と思いたち、使用しているのが『白潤』シリーズです。
これは、まさに美白と思わせるような肌の友人から教えてもらい、始めたものでした。

そもそもスキンケアをほとんどしていなかった私にとってはこれも驚きの連続で、こんなに肌がつるつるするものなのか、とか、こんなに化粧乗りが良くなるのか、と嬉しい効果ばかりでした。
スキンケアが楽しくなった私は、その当時有名になり始めていたピーリングジェルも合わせて使用するようになりました。
すると、写真を撮った時に見返してみて、雪国にいた当時の冬の期間くらい肌が白くなっていることに気がつきました。
以来、ピーリングジェルは色々な銘柄を試しながら使い続け、白潤シリーズは愛用しています。

 

 

 

 

 

-体験談
-

Copyright© 紫外線ケア、日焼けケアなど美白・しみのお悩み相談所 , 2019 All Rights Reserved.