体験談

私が実践している紫外線ケアと美白ケア

更新日:

日傘をさしている女性

若いうちからケアをしておくべきだったと後悔

若い頃は紫外線ケアにまったく関心がなく、日焼けすることに対しても気にしたことがありませんでした。
シミも化粧でごまかせばなんとかなるとか気になり始めたらケアすれば大丈夫だと思っていたし、日焼け止めも夏場の日差しが強い時期に塗るだけでいいんだと思っていました。

もうすぐ30歳になり、急にシミやそばかすが目立つようになってきました。
もう素っぴんでは出歩くのが恥ずかしいほどで、素っぴんで出歩く時はマスクが手放せません。
化粧をしたって隠せる程度ではなくなってきて、いつも鏡で自分の顔を見るたびにため息が出ます。

やはり少しずつシミやそばかすが増えてきているのがわかり、若いうちからケアをしておくべきだったと後悔しています。

 

 

毎日のスキンケア

最近は紫外線ケアや美白ケアにとても興味をもつようになり、自分なりにいろいろ調べて毎日のケアが欠かせません。

朝はまず洗顔をしてから、美白化粧水と美白クリームを塗ります。
シミなどが気になり始めてから、美白ケア化粧品ばかり愛用しています。

日焼け止めの使い分け

そして、日焼け止めは年中必ず塗ります。
曇りの日でも紫外線は出ていると聞いたので、いつでも日焼け止めは欠かせません。
日焼け止めのSPFは日焼けや肌に赤みを引き起こすUV-Bで、PAは肌を黒くしてしまうUV-Aなので、いつも状況に合わせて使い分けるようにして、余計な負担を肌にかけないように気を付けています。
日常生活ならSPFもPAも低いもので、屋外でのレジャーなどではちょっと高めのものを塗って、汗で流れてしまうので数時間で塗り直しています。
化粧をしていると塗り直せないので、スプレータイプの日焼け止めも使用したりします。

ちなみに化粧品も下地やファンデーションにSPFやPAなどの日焼け止め効果があるものを塗ります。

夏場の日焼け防止グッズ

夏場は日焼け止めと、日焼け防止グッズも愛用しています。

アームカバーと日傘を使用していますが、日傘は子どもを連れていると手がふさがって邪魔になるし、下から反射する紫外線には効果がないらしく、UV加工の薄手の上着などを着ることもあります。

あと、日傘の寿命は2~3年なので、来年辺りには買い換えようと思っています。

本当は髪や目の紫外線予防に帽子やサングラスも活用したいんですが、似合わないので使ったことがありません。

内側からの美白ケア

あとは、内側からも美白ケアを意識して食べ物にも気を付けています。

やはり美白ケアといえばビタミンCなので、柑橘類やアセロラなどの含まれているジュースなどを見掛けたら飲むようにしています。
美白効果もあるしアンチエイジング効果も期待して、豆乳もほぼ毎日飲んでいます。
あとは、ナッツ類やごま、アボカドやトマトなど抗酸化作用もある食品も意識して摂取しています。

外食などでも、食べたいものよりアンチエイジングや美白に効果があるものばかり選ぶようになりました。

マッサージとクリーム

たまにする美白ケアとして、顔をマッサージクリームでマッサージしています。
リンパの流れをよくして、老廃物を排出させるとシミやそばかすが薄くなるとエステティシャンの友人期待して聞いたので、時間がある時は実践しています。
本当は皮膚科などで処方されたクリーム等が一番効果があるらしいんですが、費用が気になって手を出せずにいます。

最近始めたのは、スキンケアにユースキンAを取り入れることです。
手荒れなどに絶大な効果があるハンドクリームですが、ヒアルロン酸やビタミンCが配合されているので、シミやそばかすを薄くしたりする効果が期待出来るそうです。
まだその効果は実感出来ていませんが、高い美白化粧品を試すような金銭的余裕もないので、まずはいつもハンドクリームとして愛用していたユースキンAで効果が出てほしいと期待しています。

 

 

 

 

 

-体験談
-

Copyright© 紫外線ケア、日焼けケアなど美白・しみのお悩み相談所 , 2019 All Rights Reserved.