体験談

マレーシア 紫外線 避けられない日焼け

更新日:

マレーシア 紫外線

海水浴場の砂浜

一年中、常夏で、日差しも強いマレーシア

私は、現在、主人の仕事の都合で、マレーシア、クアラルンプールで生活している、35歳主婦です。
5歳になる子供が、一人います。

私達の生活しているマレーシアは、一年中、常夏で、日差しも強いです。
外出の際は、日焼け止め、帽子等、紫外線対策には、十分気を使っているつもりなのですが、それでも、毎日、紫外線を浴びることになります。
本当は、長袖の衣類や、薄手のスカーフなどを着用した方が良いのでしょうが、そもそも暑い、そして、見た目がおかしいという理由で、私は、あまり好きではありません。
たまに、旅行者と見られる日本人が、アームカバーをし、日傘をさして、しゃなりしゃなりと歩いていらっしゃいますが、マレーシア人から見ると、とても奇妙なようです。

若いころは日焼けを気にしていませんでした

元々、私は、アクティブで、若い頃は、マリンスポーツもしていました。
今では、恐ろしくて考えられませんが、日焼けなど、たいして気にもせず海に入ったものです。
むしろ、日に焼けていた方が、健康的で、格好いいという時期もありました。
その為、砂浜に寝転がって、わざわざ日焼けをした事もあります。
肌は、強い方で、多少日に焼けたとしても、何ともありませんでした。
それでも、日に焼けすぎ、赤くなり、皮が剥けた事は何度かありますが、気にも留めていませんでした。

今でも、週に1、2回、テニスをしていますが、その際は、日焼け止めをしっかりと塗り、帽子も必ず着用するようにしています。
シミ、日焼けを気にするあまり、好きな事が制限されてしまうのは、避けたいというのが、私の考えです。

 

 

産後にシミが増加

子供を出産したのが、5年前、私が、ちょうど30歳でした。
シミが目立つようになったのは、産後です。
出産が原因か、若い頃の日焼けのせいか、年齢のせいか、ストレスか、食事か、分かりませんが、(恐らく、原因は、そのすべてでしょうね。)顔、首元のシミが目立ってきました。

産後よく耳にする、抜け毛を、私も体験しました。
そして、ちょうど同じ時期に、シミの増加を実感したのです。
シャンプーの際、抜け落ちる髪の量にショックを受け、お風呂から上がり、洗面台の鏡を見て、新しくできたシミを見つけ、更にショックを受ける、の繰り返しでした。
しかし、既に子供が泣いていて、手伝ってくれる人はいない為、スキンケアに費やす時間がない、自分の食事を気にしている余裕もない、そんな毎日でした。

シミを隠すため、毎日メイク

今では、子供もだいぶ手が離れ、産後抜けた髪は、元通りになったような気がしますが、シミだけは、良い方向に向かっているようには感じられません。
細かいシミがポツポツと、頬と胸元に広がり、メイクを落とすと、見られたものではありません。
マレーシア現地の人は、あまり毎日メイクをする人は多くないのですが、私は、シミを隠すため、毎日メイクをします。
メイクをせずには、外出できません。
日本にいる実の母親よりも、私のシミは多く、目立つような気がします。

安全にシミを減らす方法を探しています

マレーシアは、物価が安く、日本では、医療機関でしか手に入らないような美白効果の強いクリームも、こちらマレーシアでは、比較的簡単に手に入ったり、レーザー治療も日本に比べ、安価でできるという話を聞いたことがあります。
しかし、レーザー治療は、治療後、しばらく、絶対に日に焼けてはいけないそうで、マレーシアのこの環境で、絶対に日に焼けないという自信がありません。
シミ治療後のケアを、上手にできるかが不安で、まだ、シミ治療を開始できずにいるのです。

シミを薄くする効果のあるマンゴスチン石鹸や、ビタミンc入りの化粧水等を使ってみましたが、大きな効果は感じられませんでした。
しかし、やはりリスクが少なく、化粧品くらいの気軽な感覚で、安全にシミを減らす方法はないかと、現在探しています。

 

 

東南アジアの道路
海外在住者の紫外線対策

目次1 熱帯気候で1年を通じて暑い国1.1 現地には紫外線対策グッズがあまり揃っていません2 紫外線対策2.1 1.日焼け止めとファンデーション2.2 2.SK-Ⅱのジェノプティクスオーラエッセンス2 ...

 

 

 

-体験談
-, , ,

Copyright© 紫外線ケア、日焼けケアなど美白・しみのお悩み相談所 , 2019 All Rights Reserved.