体験談

美白になれない悩み

更新日:

洗顔するための泡

体質的に色黒で、日焼けをすると色素沈着をしてしまう

わたしは、24歳女性です。
1年前までは歯科医院での受付事務をしていました。
去年妊娠を機に退職し、いまは0歳児のママで専業主婦です。
わたしの悩みは、美白には程遠い自分の肌についてです。

昔はガングロとか、小麦色の健康肌などが流行していました。
しかし昨今は、美白の女性が清潔感があってキレイでイメージが良い傾向になってきました。

 

 

どのようにしたら白くなるか

わたしは別に、学生の頃などにガングロにしたわけではありませんが、体質的に色黒なのと、日焼けをすると色素沈着をしてしまい、色がなかなか抜けないのです。
元が黒いので、どのようにしたら白くなるか。
また、そもそも自分はどこまで白くなるのかがわかりません。

春夏秋冬、日焼けどめを使用

ただ、これ以上黒くならないように日焼けどめは春夏秋冬いつの季節でも使用するようにしています。
冬でも紫外線の量はあまり変わらないといいますし、雪焼けというものもあるのですべてのシーズンで使用しています。

洗顔、メイク落としは極力肌に負担をかけないように

あとは、肌にストレスやダメージを与えると、少なくとも美白に近づきはしないと思うので、洗顔などは特に優しくするようにしています。
やり方は、泡をよく立てて、泡の表面のみで洗うような気持ちでふわふわと洗うことです。
絶対にこすったりはしません。
したくなりますが、そうすることで肌の水分や油分も必要以上になくなってしまうからです。

また、洗顔に関してはメイク落としも同じです。
メイク落としシートですませず、お風呂でメイク落としができるジェルタイプのものを使用しています。

女性はメイクをすることが身だしなみと思われています。
故にファンデーションなどは絶対に使用すると思います。
一日中メイクで覆われた顔の皮膚はダメージを受けています。
そこに刺激のあるメイク落としをしてしまうと、肌に傷がついてしまいます。
お風呂の蒸気で肌を柔らかくした状態でメイクを落とすようにしています。

腸内環境を良くする

また、美白には食生活も関係があるようです。
肌のストレスやダメージというところにつながりますが、腸内環境を良くすることが美白にもつながるようです。
腸内の悪玉菌をためていると、肌のターンオーバーが上手くできなくなるそうです。
肌はコンスタントに新しい皮膚に生まれ変わっています。

つまり日焼けをした肌や色素沈着した肌を少しずつ新しい肌が押し出しているのです。
その働きが悪くなるというのはつまり美白の邪魔をするということです。
腸内環境を良くするためには、ヨーグルトや牛乳などの乳製品やバナナやキャベツなどの食物繊維が豊富なものが良いようです。

睡眠時間

また、肌のターンオーバーをする時間がだいたい決まっています。
その時間が、22時から翌2時までの4時間のゴールデンタイムと言われています。
そして、そのゴールデンタイムを組み込みながら1日の適度な睡眠時間は7時間と言われています。

とはいえ、仕事をしている以上この時間に眠ることは難しい人もいると思います。
わたしも22時に就寝することは難しいです。
なので、ゴールデンタイムの半分は眠るように0時までには就寝するように気をつけています。

寝る前にパソコンやテレビ、スマートフォンを使用すると寝つきが悪くなると言われています。
また、ゴールデンタイムに浅い眠りをしているとあまり効果がないようです。
なので、お風呂で肌を優しく洗い保湿をしっかりとし、身体が冷えないうちに布団に入ることにしています。
わたしは、今のところこのような対応をしています。

血流を良くするマッサージ

また、肌のターンオーバーを促進には顔のマッサージをして血流を良くすることも良いようです。
お風呂にゆっくりと入れるときは、顔のマッサージをしながら湯船に浸かってみようと思います。

肌の色はすぐには変わらないから、なかなか結果が見えづらいですが、根気強く続けていきたいと思います。

 

 

 

 

 

-体験談
-

Copyright© 紫外線ケア、日焼けケアなど美白・しみのお悩み相談所 , 2019 All Rights Reserved.