体験談

白すぎると具合が悪そうにみられる

更新日:

豆乳

顔色が蒼くみられる

26歳、女性です。
体型は痩せ型だと思います。

私の悩みは色白を通り越して顔色が蒼くみられるということです。
顔に限らず、腕や足も血管が透けて見えるような感じです。
パッと見て、「色が白くていいわね~」とよく言われるのですが、話しているうちに評価が一変します。
「よくよく見ると具合が悪そうだね」と。
もともと私もテンションが低めで、小さな声で話してばかりいるせいか、余計に暗くみられてしまいます。

中学生のころまでは、駅伝大会に出たりして日光に当たる機会も多かったのですが、高校生になると体育館の中だけで練習が完結する運動部に入ったので、まったく外の日差しを浴びなくなりました。
体育の授業も外で行われることが少なかったので、日焼けする機会はほとんどありませんでした。
そうしているうちに肌は日焼け知らずになっていったのです。

色白すぎても困るのは、メイクだと思います。
わざわざ色を黒くするようなことをすると、首や腕との色のギャップが出てしまい、不自然になるのでできません。
じゃあ今更日焼けしようかと言っても、紫外線はシミをつくるものだから絶対に焼けたくないと思ってしまいます。
頬にも細かな血管が見えているような肌なので、厚塗りしたくないけど隠すためにはせざるをえなかったり…
結局お肌をキレイに見せようと思ったら、どんな肌でも努力しないわけはないのです。

 

 

エステのスタッフの方に相談

とりあえず、脱毛でエステに何度か通っていたので、行ったついでに相談してみることにしました。
スタッフの方は肌をもっちりと厚くするようなイメージの、肌の調子を整えて強くする美容液クリームがあるよと教えてくれました。
ただ、程よいカラーにするようなことはできないし、白いならそれを生かしたほうがいいだろうともいわれましたね。

顔色を明るく見せるために

それからは顔色を白く見せるというよりは、明るく見せるにはどうしたらいいかというのを調べました。
調べていくうちに、やはり女性ホルモンの働きが大切であるとわかってきました。
頬を健康的にチークを塗ったような印象にするには、肌の中からも外からも、若々しさを保つことが大事であるらしいのです。

そこで、女性ホルモンの働きをアップさせるプラセンタエキス配合美容マスクと、エステで勧められた美容液クリーム、大豆イソフラボン効果を狙って豆乳を毎日飲むことを始めました。
クリームのほうはサロン限定販売の品だったので少し割高な金額でした。
購入を迷ったりもしましたが、使っていくうちに気にいってしまって、手放せなくなりました。
使った後の肌の感触がすごくいいのと、次の日の顔が全然今までとは違って見えるのがすぐにわかりました。
細かな血管が見えているなーと思っていた箇所も、全然目立たなくなっていきましたし、ただ白いのではなくて、健康的に白いと思われるまでに変わりました。

健康的に見える顔の表情や姿勢

もちろん、プラセンタエキスや美容液に頼るだけでなく、自分の表情をどう作るかといった点にも気を配るようにしています。
姿勢を正して前を見て歩くこと、よく笑うことなど、けっこう簡単なことです。
それだけでもかなり印象が違うらしく、周囲の人からは痩せたのかとかいいことがあったのかと言われるようになりました。
それだけ顔色がよくなってきたということなのでしょう。
自分としても満足しています。

腕や足の血管が浮き出るのは、どうカバーしたらいいのかわからないのですが、とにかく目立つような露出の多い服装はしません。
フォーマルな場であればなおさら、蒼っぽさ・血管の浮き出ている具合を見せないように気を付けています。
そんなに部分的にみている人はいないかもしれませんが…

仕事柄、人と接することが多いので、どう見られているか、ということを気にしなければなりません。
今後も色白だけにこだわらずに、健康的なカラーづくりをしていきたいなーと思っています。

 

 

 

 

 

-体験談
-

Copyright© 紫外線ケア、日焼けケアなど美白・しみのお悩み相談所 , 2019 All Rights Reserved.