体験談

しっかりとケアしましょうね。

更新日:

化粧品のトライアルセット

紫外線対策

40代の2児の母です。
体形的には、やせ形だと思います。

自分が、今行っている紫外線対策を書かせて頂きますね。

子供を産んでから、お肌の感じが俄然変化変化してきたのを実感せざるを得ません。
気が付いたら、シミがありました。
40代という年代は、お肌のターンオーバーのサイクルも遅くなりつつある年代です。
メラニン色素の、お肌への沈着も気になる年齢ですよね。
日ごろのちょっとした気遣いがあるか?ないか?
この差って、先々の自分のお肌にはとても影響がある事ですよ。
効果があっても、高価な化粧品に手を出す事が出来にくい年代でもある…40代。

SPF35以上でプラスが4つ以上が望ましい日焼け止め

そこで、自分なりになんとかしたくて、日々のケアをしていますが・・・
なかなか、化粧品にお金をかける事が出来ない現実があります。
でも、基本的な事からの実践をしているのです。

皮膚科で聞いたのですが、日焼け止めクリームもSPF35以上でプラスが4つ以上が望ましいとの事。
この情報を知ってからは、日焼け止めクリームを選ぶのは慎重になっております。

お手製のフェイスマスク

そして、夏場は自転車での移動が多い為、顔にはフェイスマスクをしています。
この商品は、この夏場活躍しましたよ。
自分で、お気に入りのUVカット仕様の布を購入して作りました。

紫外線化粧品のモニターやトライアルセットの活用

また、基本的な事でしょうが、塗り直しが出来る部位には、2.3時間間隔でUVカットを塗っています。

ちょっと、ずるい方法かも?笑 
知れませんが・・・私は、紫外線対策を、トライアルセットやモニターで活用をしています。
モニターで使わせて頂いて、よかった商品は持続して使いたいと思えるでしょ?
紫外線対策も、お財布事情と平行線で行っています。
意外と自分では知らなった商品に巡り合う事も出来ますし、紫外線と唄っている商品ですから、効果が高い物が多いと思います。
自分だけの見解で、紫外線化粧品を探すよりも、モニターやトライアルセットの活用って、楽しみながらの、紫外線対策になっている私です。

 

 

子供に紫外線教育

また、ママ達だとどうしても子供に付き合って外に行かないといけない・・・
そんな時、我が家の紫外線対策の一つですが、子供に紫外線教育を行っているのです。
この方法は、また幼少期の子供がいるご家庭だと母子ともに楽しめるかもです?

陽射しが強い時間だけでも、室内で過ごす事を理解させる為に、1室で楽しく紫外線対策のお勉強をします~と、幼稚園ごっこなんです。
この方法、我が家の子供は乗ってきました!
こうして、この様に今年の夏は、紫外線が強いと思った時は、外出を控える事に成功しました。

 

 

夜の紫外線のケア

そして、一日が終わった後には、お肌をクールダウンさせる事を心掛けています。
夜のケアは十分に行ってあげて下さいね。

そして、睡眠も紫外線対策の一環である事をお忘れなくですよ。
良質な睡眠をとる事は、お肌のターンオーバーと密接な関係にあるからです。

また、夜のケアの時ですが、たっぷりの保湿をする事が肝心になります。
お肌も頭皮も水分量はとっても大切です。
シミや皺の原因になりますから、紫外線を浴びた後には特に念入りな保湿が大切になります。

 

 

日常の紫外線対策

40代の現実として、これから先のお肌は、ますます回復力が遅くなります。
この現実をしかと受け止めて、日常の対策を行う必要があります。
年齢を重ねていくのですから、日焼け止めクリームを塗るだけで外出をする。
こうした事がない様に、心掛けていきたいものですね。

また、紫外線対策は昼間だけではありません。
室内にいる時でも、紫外線の影響は受けています。
日焼けをした後は、お肌の敏感な状態にあります。
低刺激性のパック等を利用してのスキンケアをしてあげると効果的です。

最後に、日常口にしている食品についても考えて見る事も必要でしょうね。
自分の日ごろの生活習慣も、美肌と直結しているから。

 

 

 

 

 

-体験談
-

Copyright© 紫外線ケア、日焼けケアなど美白・しみのお悩み相談所 , 2019 All Rights Reserved.