体験談

日に焼けやすい体質 日焼けしやすい体質は変わらない

更新日:

私は20代前半の女性で接客業をしています。
若干神経質そうに見える痩せ型なのですが、地黒なので健康的と言えば健康的に見える肌なのかもしれません。
そして焼けやすい事がなによりも悩みです。

浜辺にいる女の子

焼けやすい事がなによりも悩み

住んでる場所は湘南の海の近くなので、幼少期から遊びに行くと言えば、海かプールでした。
小学生の時はあまり気にして居ませんでした。
当時母親も日焼けこそが健康だと思っていたタイプなので日焼け止めなしで毎日海かプール。
地黒な肌が1日でさらにまっくろくろすけに!

徐々に焼けて綺麗な茶色になる、強い肌

しかし肌が強いのかなんなのかわかりませんがみなさんがよく言う、日焼けをする→赤くなる(火傷して痛い)→皮がむけると言う体験は一度もしたことがなく徐々に焼けていき夜には綺麗な茶色になっている感じでした。
きっと皮がむけるタイプの方はそのあとすぐ白く戻るのでしょうね。
一度焼けたらなかなか戻らないので一年中真っ黒な感じでした。

 

 

中学に入り、日焼け止めを始めましたが…

中学に入り、バスケ部(日に当たらない、室内の部活)にも関わらず登下校で真っ黒。
プールの数時間で真っ黒。
体育の時間で真っ黒。
外で活動してる野球部やサッカー部と同じくらい黒くなってしまったのです。

そんな私も年頃でしたので、好きな人ができました。
サッカー部のエースです。
さすがに彼より色が黒いのは自分的にきつかったので、ここで日焼け止めを始める。
普通にドラッグストアで売っている700円か800円くらいの安い日焼け止めでしたがまったく効果がないのです!
もはや皮膚呼吸出来ていないのではないかと思うくらい塗りたくりましたが意味がない。

一番強いアウトドア用の日焼け止めで、肌が荒れてしまいました

それならばと親におねだりしてアネッサ(私の中では超高級)の一番強いアウトドア用の日焼け止めを買ってもらい使用してみましたが効果があるのかないのかわからず
そして肌に合わず、真っ赤っかに荒れてしまいました。
でも塗らないよりは良いのかなあと思い、辛かったのですが頑張って塗りまくってましたね。
余談ですがサッカー部のエースには肌の色関係なしにふられました。

そして高校に入り、自転車往復60分通学ではスカート焼け、靴下焼けでカオスな状態に。

 

 

美白になりたいのなら紫外線を浴びないこと

そして、時は過ぎ20歳になり美容師になったころ。
自由に使えるお金が増えたので美白化粧品を買いまくり、色々使用してみたのですが、一瞬白くなったとしても外に出ればすぐ元どおり。
そして仕事が忙しく精神的に病み始めて引きこもるようになりました。

するとなんと言うことでしょう。
日が暮れて夜からしか出ない生活を一年間続けてみたところ顔は真っ白、身体はまだ納得いくような白さではありませんが「色白だね」と言われるレベルの白さになっているではないか。。
もう自分の中で結論がでて、日焼けしやすい体質は変わらないが美白になりたいのなら紫外線を浴びないこと。
焼けた後にいくら高い美白化粧水を使ったところでたいして変わらないと言う事実。
悲しかったですけど紫外線に当たらない以外なんの意味もないのだと言うことが分かってしまったのです・・。

紫外線を浴びないように徹底

そりゃあ多少効果があるのかもしれないけど私にはなんの意味もない。
それからさすがに仕事はしなきゃ生きていけないので昼間の仕事をしましたが、通勤には日傘+優しい日焼け止め+長袖長ズボンを徹底しました。
美白効果のあるキュレルの化粧水とか使ってますが、自分にはこれが一番合っているのかな。
とても大変ですけどね。

努力のおかげか今は「色が白いね」と言われるようになりました。
真夏のバーベキューやプール、そして海など積極的に行けないのは残念ですが将来シミができないためだと思って諦めます。
昔焼けすぎたことが原因なのか、私の顔も身体もシミとそばかすだらけですしね。
美白化粧水だけではなかなか消えないのでこれは個性だと思って付き合っていきますが、もう作りたくないです。

 

 

マスクをした女の子
色黒の私が美白になれた4つの理由!

目次1 色黒が嫌で、顔を隠すためにマスクをしていました2 美白になる努力2.1 日焼け止めを塗る2.2 精製水パック2.3 美白化粧水2.4 ニベアソフト3 白くなりました 色黒が嫌で、顔を隠すために ...

 

 

 

-体験談
-

Copyright© 紫外線ケア、日焼けケアなど美白・しみのお悩み相談所 , 2019 All Rights Reserved.