体験談

恐るべしシミ

投稿日:

海に向かって両手を挙げている女性

右頰にシミが出てきました

34歳、5歳と7ヶ月のママで専業主婦です。
31.2歳ぐらいから目じり、右頰にシミが出てきました。
最初はあれ?目じりにシミがあるかなぁ〜って感じだったんですが、気付くたびに頰にも出て来てシミの色も濃くなってきてどんどん分かるようになってきました。

最悪だと感じ、同じ歳の友達に相談したらみんな同じでシミに悩んでいました。
みんなは後悔とかしょうがないよねぇとか言っていたけど、私は、ショックと後悔だらけで泣きそうでした。

日サロや海で焼いた10代の頃

確かに、シミが出来てしまう行動は10代にやっていました。
ちょうど、10代の頃、ガン黒が流行り、2週間に1回、日サロに行って焼いたり、肌が黒くなる様に、ローション塗って海に行って焼いたりしていました。
周りの友達も焼いていて、興味本位でやっていました。
学校帰りに友達と遊び感覚で行っていました。

高校生だったし何も考えていなかった。
その時は楽しかった。
高校生デビューして何もかもが楽しかった覚えがあります。
ガン黒にしてヤンババメイクして若気の至りですね。
今、ツケが来ちゃったなって感じです。

若いから大丈夫と思ってた20代前半

20代前半は、日サロとか、焼いたりはしなくなったが、サングラスしたり、帽子を被ったりはしなかった。
若いから大丈夫って思っていて、肌に重要視しなかった。
若いし、肌はピチピチしていました。

外出する時はがっつりメイクしていたけど、休みの日はスキンケアせず、スッピンで外出したりしていました。
親に、紫外線が強いから帽子、サングラス、日焼け止めしなさいって言われてとが、聞き流し無視をしていた。あの時、ちゃんとした知識、親の言うことを聞いていれば違った肌にはなったかもしれません。

 

 

後悔している30代

結婚して、出産を機に余計、自分の事は後回し、スキンケアをしないで寝てしまったりと20代が終わり、そして、31.2歳、シミが出始めた。
ショックでした。
10代と20代のケアに後悔が出ました。
鏡とにらめっこしながら、シミばっかり見ていました。

シミのケア

しっかり、化粧水してシミの所にクリームを塗ったり、目じりをマッサージしたりと自分なりにケアをしました。
子供がいるので、公園に行く機会が多いので、サングラスをしたり、帽子を被ったりスキンケアしてから、外出をしています。
化粧をしてもある程度は隠せるけど、ちゃんとは隠せない。
しかも、厚化粧になってしまう。

シミ消しの化粧品は意外に4.500円以上するものが多い。
専業主婦の私は、そんな大金出せない。
ドラッグストアーで売っているケシミンクリームを買って使っていました。
一本使ったけど、今の所効果が見られなかった。
今は、馬油がいいと聞いたので、ソバージュを買ってきてシミがある所に塗っています。
塗り始めたばっかりなので、効果があるか分からないけど、一本使って様子を見ています。

そのほかにも必ず、保湿をしてお肌に潤いを与えています。
週に2回はパックをしています。
寝ながらパックしたり、化粧水をしたりすると肌に吸収されやすいと聞いてたので寝ながらやっています。
確かに、モチモチになります。
水分が肌に入っていく感じで。

やらないよりはやった方が絶対いいスキンケア

私は、こんなに早くシミに悩まされるとは思いませんでした。
40歳過ぎてから出始めるだろうなんて思っていました。
きっと、スキンケアチェックしたら、顔じゅう小さいシミだらけだと思うと悲しくてショックです。
30歳半ばでもスキンケアをやらないよりはやった方が絶対いい。
40.50.60代になった時、もっとシミが出ない様にする為に、子供に、ママ綺麗だねって言われたいので、紫外線予防、スキンケアを怠らずに肌をいたわりながらケアをしていきたいです。

同じ歳の友達にも差をつけてビックリする様な肌にはなりたいです。

 

 

 

 

 

-体験談
-

Copyright© 紫外線ケア、日焼けケアなど美白・しみのお悩み相談所 , 2019 All Rights Reserved.