体験談

目に見えないものは恐い。

更新日:

UV加工アームカバーを着けている女性

ウイルスと同じで目に見えない紫外線

40代、女性です。
体形は背が低く、中肉です。
周りからはお世辞でしょうが小柄で細いと言われます、みんな優しい。

紫外線、、、て目に見えないですよね、ウイルスと同じで目に見えないものほど怖いものはありません。
でも、反対に見えてしまうともっと怖くてきっと外出できなくなると思います。
どっちが良いのでしょうか?よく思います。
知らない方が幸せなことは世の中に溢れかえるほどありますが、こと紫外線については眼鏡で数値が確認できるとかエアコンの室外機で今日の数値を確認、リモコンでそれをチェックできる、ぐらいの機能はそろそろ一般に普及しても良い頃なんですけどね。
まだですか?て感じです。

 

 

紫外線を気にしていませんでした

紫外線にふたつの種類があるのも30代になって知ったような私。
20代まではこんがりと日焼けしていた方が健康そうに見えるし夏場にはガンガン海へ!冬場にはスノボーへ!と山にも海にも遊びまくりの日々で思い切り肌にダメージをいただいてました。
日焼け直後のクールダウンは痛みや熱も伴うので直ぐに処置しますが事前の準備は荷物の準備ばかりでお肌の事前準備にはほとんど手をかけていませんでした。

将来シミになるであろう箇所を見てしまいました

しかしですね、25歳を過ぎた頃からそうも行かなくなってきまして、、、
何だか忘れましたが化粧品の関係で特殊なライトを当てると将来シミになるであろう箇所が見える機械で自分の顔を見てしまう!と言う機会に恵まれてしまいました。
恵まれなくて知らないままでいたかった自分もいますが。
将来シミになるであろう箇所を見た時の衝撃が凄すぎて!!
思いっきりシミそばかすが頬骨のあたりにありました。

 

 

紫外線対策用の化粧品

それから少しずつですが紫外線対策として日焼け止めや美白に興味が出てきました。
肌の真皮に浸透する、粒子が小さい、ナノテクノロジーなどなど気になるキーワードが次々と発表され日々躍進を遂げる化粧品業界。
それはそれで消費者の私からすればすごく選ぶのは楽しみなんですけど、お値段もそれなりにするし、たくさんありすぎていつも困ってしまいます。
なので、だいたい毎日のお手入れで使用するのは手軽にお手入れ出来て近所の薬局で手に入るものが多いです。
たくさん良いものはあると思うのですが結局のところ毎日、紫外線からお肌を守ってくれ、美白もできる、とにかく毎日!てところが肝心なんだと思うのです。

私は20代前半までの時間を遊びに使い、お肌は棒に振ってしまったので追いつけるとは到底思っていませんがこれから毎日コツコツと続けることが10年先、20年先の理想のお肌に近づける一番の近道のような気がしています。

日焼けによる湿疹

日焼けに関しては子どもが幼稚園に入園したての頃、今までそんなに幼稚園の送り迎えの時間帯、日差しがキツイとは思いもしなかったのですが、5月を迎えるころには湿疹が徐々に出てき、すぐさま皮膚科へ、するとやはり原因は日焼けでした。

それからは、もうこれをはめたら私もオバサンだなーと思い嫌厭していた日よけ用の腕にはめるアームをはめて通園するという事になりました(笑)今では当たり前のようにはめていますが当時はカッコ悪いなあ、、でした。
しかし、背に腹は代えられぬで、アトピーも持っている私にとって直接日光に当たるのはとても肌に負担をかけていたのですね。
これも20代の頃にはアトピーも全然出なかったのですが。

美白に関しては私はもともと色黒なので美白してもそうそう大して変わらないだろうと未だ思っています。
でも美白は透明感を出す上で重要な役割を果たすと思うので基礎化粧品に美白効果のあるものを選び毎日のお手入れに使用しています。

女性の美は一日にしてならず!ですね。
外出しない訳には行きませんから今出来ることを一つでも多くまめに続けていきます。
何十年か後の同窓会に行った時にトイレでガッツポーズできたらいいなあー(笑)

 

 

 

 

 

-体験談
-

Copyright© 紫外線ケア、日焼けケアなど美白・しみのお悩み相談所 , 2019 All Rights Reserved.