体験談

色素沈着の予防と対処方法

更新日:

ブラジャー

色素沈着しやすい人とそうでない人の違い

30代の主婦です。
今は専業主婦で子育てに専念していますが、以前は美容関係の仕事をしていました。

色素沈着、いわゆる黒ずみ。
年齢や体型に関係なく、できる人はできて無い人にはありません。
芸能人やモデルさんには全くと言って良いほど色素沈着はありません。

色素沈着しやすい人とそうでない人の違いは何なのでしょう。
まず、肌状態。色素沈着を引き起こすメラニン色素は、肌の乾燥や刺激から守るために黒い色素を出します。
その為、乾燥肌や敏感肌の人は色素沈着しやすい傾向にあります。

日焼け止めを使い、日頃からしっかり保湿で予防

紫外線から守る日焼け止めを使い、日頃からしっかり保湿をしておくことで色素沈着を防ぐ事ができます。
女性の場合、カミソリで自己処理をすることもあると思います。

しかし、カミソリは毛と一緒に皮膚も削ってしまうので頻繁にカミソリを使っていると色素沈着の原因になります。
分かりやすいのが脇の下の黒ずみです。
芸能人やモデルさんは、当たり前のようにエステやクリニックで脱毛しています。
既に黒ずみが出来ていても、カミソリの使用を控えると徐々に色素は薄くなってきます。

 

 

下着による色素沈着

そして、意外な盲点が下着です。

ブラジャーのカップやアンダーサイズか合っていなかったり肩紐がきつ過ぎると、下着が肌に食い込み跡になります。
この状態か毎日続けば、やがて跡から色素沈着へ変わっていきます。

逆に下着のサイズか大きくてズレてしまう場合、下着と肌に摩擦が頻繁に起きます。
それが原因でいつの間にか色素沈着してしまう事もあります。

また、敏感肌の人は下着の素材によって痒みが出てしまう事もあります。
自分の肌とサイズにぴったり合うものを着けると万全です。

色素沈着には早急に対処するべき

万が一、色素沈着が出来てしまった場合は早急に対処するべきです。
色素沈着はシミの一種なので、放っておくとどんどん濃くなってしまう恐れがあります。

肌は日々生まれ変わっているので、本来なら古い皮膚と一緒に色素も外に排出されます。
しかし、肌の生まれ変わりが遅いとなかなか色素沈着は良くなりません。

そこで、古い角質を取ってくれるピーリングが効果を発揮してくれます。
最近ではドラッグストアなどで自分で手軽に出来るピーリング剤が売られています。

お風呂で体を洗った後に、ピーリング剤を使って軽く肌をこするとポロポロと消しゴムのカスのように古い角質が出てきます。
すると、肌代謝が促進されて肌の生まれ変わりを早めてくれます。

ただ、あまりにも過度に使用するのは逆効果です。
皮膚が薄くなりメラニン色素が出やすくなってしまうので、週に1~2回くらいが理想です。
敏感肌でなければ、小さいツブツブが入ったスクラブ入りのボディーソープを普段から使うのも有効です。

ピーリング剤を使った後はパシャパシャとローションをつけ、仕上げにボディークリーム等で保湿すると肌が柔らかくなります。
肌が柔らかくなると、溜め込める水分の量も多くなり色素沈着の予防につながります。

 

 

炎症の早期治療は色素沈着の予防に

皮膚炎や掻きむしり等で肌がボロボロになってしまった場合は、一時的にステロイドを使うのも手です。
ステロイドは使い過ぎなければ安全な薬です。

炎症は一気に治した方が色素沈着になりにくく、綺麗に治ります。
日常で色素沈着が出来る場所はだいたい決まっています。
事前の予防と対策で綺麗な肌は保てます。

個人的には女性のお尻の下の色素沈着が気になってしまいます。
お尻と太ももの境目にいつの間にか出来てしまう色素沈着。
年齢とともに出来てしまうイメージですが、意外と若い女の子でも出来ていることがあります。
いくら可愛くてスタイルが良くても、色素沈着があるだけで残念に見えてしまい非常にもったいない!
自分では見えにくいところではありますが、綺麗なお尻は女性の魅力が上がるのでチェックしてほしいなと思います。

 

 

 

 

 

-体験談
-

Copyright© 紫外線ケア、日焼けケアなど美白・しみのお悩み相談所 , 2019 All Rights Reserved.