体験談

美白には日焼けの予防を

更新日:

オレンジジュース

とにかく日焼けだけには気を使っていました

三十代の女です。
母親は色白で父親は色黒なのですが、幸いなことに母に似たおかげで色白と誉められることも多々ありました。
しかしながら、色黒の父の血が流れていると思うと安心できず、美白に対する思いは強くありました。

学生の時などでも体育の授業が最も嫌いで、とにかく日焼けだけには気を使っていたのです。

 

 

日焼けをしない努力と美白効果の高い食品の接種

大人になってからもその気遣いは変わらず、美容製品も美白に効果があるものを積極的に購入していましたが、毎日欠かさずに取り入れていたのがオレンジジュースです。

ビタミンは夜に摂取

オレンジはビタミンが豊富なため日焼け防止に効果が高いと聞いていたので、毎日取り入れるようにしていたのですが、朝飲むのではなく、夜飲むことが重要で、朝飲むとビタミンが蓄積されて、その状態で太陽を浴びると必要以上に紫外線を集めてしまうため、逆効果とのことです。

実際、その事を以前は知らずに真夏の炎天下、喉の乾きをオレンジジュースでごまかしていたときには日焼け止めをしているにも関わらず、赤みを帯びたりしていたのですが、夜に変えてからは日焼けもしなくなったのです。
美白には体質改善も大切ですが、まずは日焼けをしないように対策を取ることが大切なのだと思います。

オレンジジュースを取り入れることで、日焼けをしにくい体質にと改善するとのことで、特に日焼けをしてしまいがちな海水浴などの予定前の一週間は夜はビタミン豊富なオレンジジュースで体質改善を試みています。

日焼け止め

また、日焼けを予防する為にも日焼け止めにも気を使っています。
以前は数字だけを見て、SPF50+であるとどれでも防止効果は高いと思っており、低価格のものを購入していましたが、時間が経つと白く浮いてきて、防止効果も期待できなかったのですが、同じSPF50+のアリーという日焼け止めを使い始めてからは、紫外線注意予報が出ているときでも赤くもならずに済んでいます。

そのため、夏などの紫外線が多い時期にはアリーを冬場などは肌に優しいキュレルの日焼け止めを愛用しています。
夏場でも長袖を着用して紫外線には気を使っているので、色白の母を越える美白だと自信をもって言えるようになりました。

どれだけ高価な美白化粧品を使用していても、日焼けをしたら全てがダメになると思います。
また、顔だけではなく、首や全身の美白に努めることで、本当の意味での美白に繋がると言えます。
紫外線は夏だけではなく、年中浴びているので、一年通して対策を取らなくてはなりません。
少しお洗濯を干すと言った時にでも日焼け止めは欠かせません。

イソフラボンが豊富な大豆製品

また、毎晩のオレンジジュースに加えて、イソフラボンが豊富な大豆製品や体質改善に効果が高いと言われている発酵食品も積極的に取っていることが美白に繋がっているのではと思います。
毎朝お豆腐入りのお味噌汁を食べて、自家製のおつけもので食事を済ませているのですが、一見質素に見えますが実は美白のための栄養源がたっぷりと入っているのです。
おかげで色黒と言われている父親も最近では色が薄くなって白くなってきているように感じます。

 

 

身体の内外からケア

美白は長いスパンで取り組まなくてはならなく、身体の内外からケアをしてあげなくてはなりません。
日焼けをしない努力とは美白効果の高い食品を取り入れることで、全身の色白効果を期待することが出来るのです。
もしも日焼けをしてしまった場合は、ヨーグルトに緑茶を混ぜた自家製パックを数日間続けて化粧水などで保湿をしてあげると、黒くならずに済ませることも出来ます。
日焼けをしないことが一番ですが、うっかり紫外線を浴びてしまうことは誰でも起こり得るので、紫外線が多いと思った日の夜はヨーグルトパックと美白効果の高い化粧水でケアをしてあげています。

 

 

 

 

 

-体験談
-

Copyright© 紫外線ケア、日焼けケアなど美白・しみのお悩み相談所 , 2019 All Rights Reserved.