体験談

海外在住者の紫外線対策

更新日:

東南アジアの道路

熱帯気候で1年を通じて暑い国

40代会社員です。
海外に在住してもう10年以上たちます。

私の住んでいる国は東南アジアの某国で、この地域は完全な熱帯気候、四季はなく(厳密にいうと少しはありますが)1年を通じて暑い国です。
雨季と乾季にわかれていますが雨季はスコールのような、一時的にザーっと降る場合が多いので、それまでは日差しがカンカン照っていることが多いです。
この日差しがとても強く、少し油断して近所を5分ほど出歩いただけで腕や顔などほんのり赤く焼けてしまうほどです。

現地には紫外線対策グッズがあまり揃っていません

現地女性の間では「色白=美人」という考えが根強く、従って美白に関する関心がとても高いです。
ところが日本には様々なUVグッズ、日焼け防止グッズがありますが、この国はそれほど豊富にグッズが揃っているわけではありません。

また、日常の移動手段がバイクのため、さらに日焼けする確率が高いです。
現地の人にならって私も帽子、マスク、サングラス、手袋を完全装備してバイクに乗りますが、とても暑くて脱いだころには汗びっしょりとなり、お化粧も取れてしまい一日中気分が悪いです。
髪型もくしゃくしゃになってしまいます。

海に遊びに行ったことがありますが、海はただでさえ紫外線が強いので、そのときは極力日陰から出ないようにしていました。それでもなぜか手の甲に茶色いシミができてしまいました。

 

紫外線対策

私の行っている日焼け対策は以下の通りです。

1.日焼け止めとファンデーション

日焼け止めはSPF値がなるべく高いもの、しかし汗ですぐ取れてしまうのでできるだけ安いものをこまめに使うようにしています。
ニベアサンプロテクトウォータージェルなどを使います。
顔にも体にも使えますし価格がちょうど良いので惜しみなく使えます。

ファンデーションはオルビスのパーフェクトUVリキッドファンデーションを使っています。
UVファンデーションは色々試しましたが、一番汗に強くて日焼け止め効果があると思っています。
価格も安いので助かっています。

日焼け止めの選び方 日焼け止めやUVケアにはどんな種類があるのか? その注意点とは?

日焼け止め 選び方 UVケアのコツ 日焼け止めやUVケアにはどんな種類があるのか? 太陽が出ていない、今日は雲っているからといって、日焼け止めをぬらない、uVケアを怠るのは大変危険です。 紫外線は太陽 ...

2.SK-Ⅱのジェノプティクスオーラエッセンス

SK-Ⅱは高価なので買うのをためらっていましたが、美白効果が高いと聞いて思い切って試してみました。
外周りで焼けたなーと感じたときに集中して1週間ほど使うようにしています。
そうすると1週間後鏡を見ると肌が少し白く、明るくなったように感じています。
一番効果が感じられたのは、海でできた手の甲の茶色いシミに朝晩塗り続けていたところ1週間でシミがきれいに消えたことです。
今は全くシミはありません。
これは日本に帰国するたびに買って戻ります。

3.ニベア青缶

ネットでも話題になっていますが結局のところニベア青缶を惜しみなく使用するのが良いと感じています。
夜洗顔→化粧水使用後ニベアをしっかり塗ることで1ランク白くなったように思います。
朝は使いません。
価格がとても安いのでたっぷり使うようにしています。

ただしこちらの国で販売されているニベアは他国からの輸入品で、それを使ってもあまり効果がないように思います。
日本製のニベアだからこそ(成分のどこが違うのかはわかりませんが)美白の効果もあるのではないかと感じています。
このニベア青缶も、日本に一時帰国した際必ず買う製品です。
しばらく間が空いて日本から持って帰れない場合は出張でこちらにくる友人にお願いして買ってきてもらいます。
これからも使い続けていくつもりです。

4.ユニクロのUVカットパーカー

シーズンで売り出しされたときに買っておき、夏休みで日本に戻ったときに持って帰ってきます。
薄手、洗ってもすぐ乾く、涼しい、UVカット、袖が長くて手の甲まで隠れるような(親指を通す穴があいている)デザインなのが非常に気に入ってます。

 

 

海水浴場の砂浜
マレーシア 紫外線 避けられない日焼け

マレーシア 紫外線 目次1 一年中、常夏で、日差しも強いマレーシア1.1 若いころは日焼けを気にしていませんでした2 産後にシミが増加2.1 シミを隠すため、毎日メイク2.2 安全にシミを減らす方法を ...

 

 

 

-体験談
-, , , , , ,

Copyright© 紫外線ケア、日焼けケアなど美白・しみのお悩み相談所 , 2019 All Rights Reserved.