体験談

1度は、消えたと思ったシミがまた復活

更新日:

テニスをしている女性

若いときからかなり日を浴びていました

私は、40代の女性で二人の子供を持つ主婦です。
体型は、163センチで体重48キロのやせ形です。

小学生の時から走る事や外で活発に遊ぶのが大好きで、いつも友達と外で遊んでいました。
そして、走るのが好きだったこともあり、中学生の時の部活は陸上部に所属していました。
短大生の頃には硬式テニス部の部活に入っていて、これまた外でのスポーツをしていました。
後にテニスサークルにも所属して定期的に試合にも出ていましたので、かなり若いときから日に浴びていたように思います。

 

 

浮かび上がってきたシミ

でも、大人になった時には、必ず日焼け止めクリームは、毎日、スポーツをしなくても化粧の下地として、ずっとつけてはいました。
それでも、社会人になった28才くらいの時から肌の下に隠れていたみたいにほっぺた辺りに黒い、2センチくらいのシミが浮かび上がってきたんです。
多分、ずっと積み重ねてきたシミがやっと上に浮上してきたといった感じです。

コンシーラーで隠しました

その日から、私は、何年もずっとそのシミと付き合って行くことになります。
最初は、ファンデーションで隠して隠れるかなぁと思っていましたが、少ししか隠れずに、ファンデーションの色を少し濃い色にしてみたりもしましたが、あまり変わらずに、次は、ファンデーションの前に塗る、コンシーラーという、一部分だけを隠すファンデーションみたいなもので対応してみました。
コンシーラーは、薄い部活を隠すにはちょうどよく、その方法で何年か隠してきましたが、そのシミよ下辺りにまた小さなシミがいつのまにかできていたんです。
なので、コンシーラーで、シミを二個隠す日々になっていきました。

毎日、化粧をしていれば、そこまでは自分では気にはならないものの、化粧を落としてすっぴんになるとやはりグレーのいろのシミが気になります。
でもだからといって、シミを取るまでの勇気もお金も私にはありませんでしたが。

 

 

濃くなってきたシミ

化粧でシミを隠す日々を送って14年ほどたった頃に、シミの色も日がたつにつれて、少しずついろが濃く黒に近くなっていくように感じてました。
ある時、私が悩んでいるシミのことを主人に話すと、主人がいろいろと調べてくれて、レーザーでシミをとる病院を紹介してくれたんです。

最初は行く気はあまりしませんでした。
それは、やはり料金のことでした。
シミは、何センチでいくらというように料金が決まっているので、私の場合、二つのシミにレーザー治療するなら、2万3000円くらいと言われたからです。
でも、主人が私の背中を後押ししてくれて、いっておいでといってくれたんです。

仕事で接客業をしているのて、多分マスクで治療した部分を隠してもあまり違和感がないんじゃない?といってくれましたが、手術をしてからの2週間くらい、治るまでにマスク着用というのがどうも気になってなかなか決断ができませんでした。

レーザー治療

しかし、ある夏の日に子供達も夏休みに入るし、学校行事等で人に会う機会もすくなってくるからとまた主人に半強制的にすすめられて、私も今だと決心をして、その病院へと向かいました。
レーザーな手術は、10分くらいで終わりましたが、チクチクとレーザーを当てられる時には、どうしても痛みがありました。
耐えられない痛みではなかったですが。

2年ほどたった今

そして、その後、1週間くらいは、レーザーで焼いた部分にクリームを塗って放置しとけばいいのですが、化粧をしない方がいいと言われたので、それが難しかったです。
どうしてもその傷口を隠したくて、つい、化粧して外出もしていました。
その後、状態も回復してきて、きれいになったら、本当にやって良かったと歓びが込み上げました。
長年悩んでいたシミとの付き合いがおわるんだぁと。
でも、その歓びも2年ほどたった今では、やはり少しずつまた同じ所にシミのような感じで薄くシミが浮かび上がってきたんです。

レーザー治療をしても一生ものでは、ないんだと自覚しました。

 

 

 

 

 

-体験談
-

Copyright© 紫外線ケア、日焼けケアなど美白・しみのお悩み相談所 , 2019 All Rights Reserved.