体験談

日焼け止めを塗りたくない。

更新日:

紫外線の強い天気の良い日

徒歩生活です

こんにちは。私29歳専業主婦です。
現在2歳児の子育てと、妊婦生活を満喫しています。

私は現在海外で生活しているのですが、車を運転するのが怖くてとほとんど徒歩生活です。
幸いなことに、スーパーマーケットもバス停も家のすぐ近くにあり、車は要らないと言えば要らないのですが、ちょっと遠い友達の家へ行く時や病院へ行く時は、息子と頑張って歩いて行きます。
私も息子も歩くことは好きなのですが、日差しの強い日、暑い日はちょっと苦痛です。

紫外線・日焼けが気になります

ただ苦痛なだけではなく、紫外線・日焼けが気になります。
日焼け止めを塗って、日傘を差して、服で肌を隠してなど完全防備することも可能ですが、暴れん坊の息子と一緒に歩いている時に日傘を差すなんて正直考えられません。

走り回りたい盛りの息子を車から守る為に常にハンズフリーでいたいですし、疲れてきたらもちろん抱っこもせがまれます。
帽子をかぶっても息子に取られてしまうし、長袖長ズボンなんて暑すぎて着ていられません。
息子にも紫外線を避けるために、帽子をかぶったり肌を隠して欲しいのですが、嫌がって自分で帽子は取るわ、服は脱いでしまうわでもうお手上げ状態です。

敏感肌なので、日焼け止めを使えません

最後の砦の日焼け止めですが、私も息子も敏感肌で、肌に優しい日焼け止めを選んでも痒くなってきてしまいます。
特に首やひじの裏などはひどく、汗が混ざることによって痒みが猛烈に増すのです。
私は、顔には日焼け止め入りのBBクリームを塗ることがあるのですが、やっぱり体にも日焼け止めは必要だと感じます。

今は、自分の肌に合っていて尚且つ紫外線を防ぐのに有効な日焼け止めに出会っていないので、色々と試しています。
よく使う前にシャカシャカと振ってから使用するタイプの日焼け止めがありますが、あのタイプは特に痒くなってしまうことが分かりました。

以前テレビか何かで、紫外線を防ぐのに有効なのは”PA○○”の数字よりも、”SPF+++”の”+”の多さが大切なんだと見たことがあります。
それからはこの”+”の数を意識して日焼け止め選びをするようになりました。
最近購入した、クリームタイプの日焼け止めはSPF+++++で肌もそれほど痒くならないので、今後も使用してみて様子を見たいです。

 

 

今からでも出来るだけ紫外線対策

現在私は29歳。
30代を目前に、顔はもちろん体にもシミが増えているのが目に見えてわかりますし、肌のハリもだんだんと無くなってきました。
10代の頃、肌を焼いていた影響もあるのでしょうか、他の人より劣化が早い気がします。
よく、お年を召されている方でも肌がきれいな方を見かけるのですが、そういう方々は共通して肌が白く、お手入れをちゃんとされているんだなということが分かります。
私も、若い頃から紫外線対策に気を使っていれば良かったと思うと同時に、今からでも出来るだけ紫外線対策をして、将来少しでもマシで居られるようにしなければと焦りの思いもあります。

皮膚癌が怖い

息子に対しても、将来の為に紫外線対策をしてあげたいです。
男の子なので、日焼けしたり多少シミが出来てしまうのは良いのですが、紫外線は皮膚癌に繋がってしまうという情報もよく聞くので、正直怖いです。
最近は、オゾン層破壊の影響も心配ですし、将来環境問題で何が起こるかわかりません。
考えすぎるときりが無いですが、とにかく今は、息子にも使える日焼け止めを探してあげたいと思っています。

若いころ紫外線対策をしておけば良かったと後悔

私は若い頃、何も考えず太陽の下で日焼けを楽しんでいました。
しかも日焼け止め無しでです。
今はその影響が目に見えて分かるので、せめて紫外線対策ぐらいしておけば良かったなと後悔しています。
もし今、若い方で日焼けを楽しんでいる方には、紫外線対策を是非してくださいと言いたいです。
せめて日焼け止めを!
そして、自分自身にも今からでも遅くないからと、背中を押したいです。

 

 

 

 

 

-体験談
-

Copyright© 紫外線ケア、日焼けケアなど美白・しみのお悩み相談所 , 2019 All Rights Reserved.