体験談

肌の大敵をどう向き合いケアしていくか

投稿日:

腕を虫に刺された女性

色素沈着と肌の黒ずみ

女性。
30歳、30代。
細身体系とよく言われます。
派遣会社勤務。

肌の黒ずみなどは、どんなに美白ケアをしている人でもなり得る可能性があると思います。
例えば顔の肌だと、自分に合っていない化粧水を付けたり、がっつり化粧をした後にクレンジングを使用しますが、全部落としきれていなくて汚れが蓄積し、毛穴の黒ずみという言葉もよく耳にします。

色素沈着と、黒ずみは要は同じ部類だと思います。

虫刺され跡

肌は顔だけではなく、腕や足も大事な肌の一つです。
夏場、腕に蚊を刺されてしまい我慢できなくて掻きむしってしまう事があり、肌に大きな刺激を与え、見た目も汚くなってしまいますね。
でも痒みが収まれば自然と消えて行くから大丈夫、と思い込むのは危険、学生の時や20代前半の時はそうだったかもしれませんが、大体30代に突入すると新しい綺麗な肌が再生されにくくなると思うのです。
本当に人間はどんどん歳を重ねて行き、その歳にあったケアをして日々過ごしてますがどう頑張っても、肌本来は衰えて行くので年代の差には勝てません。

蚊に刺された肌もそうですが、腕、足の毛をカミソリで処理もしますよね。
保湿クリームを塗ってから処理するのだったらまだ良いですが、素肌のまま行い傷を付けてしまった跡も、きちんと手入れしなければ黒ずみ、そして色素沈着となってしまいお肌が可哀想です。

毛を抜くことも黒ずみの原因に

そして、身近な事で言うともう一つ。
暑い季節になると肌の露出が多くなるので脇の毛も気になります。
Vラインと、脇の毛は他の毛よりも剛毛と言われてるので、そんな毛は排除したい気持ちは私もよく分かります。
ですがVラインの方は特別な時に見られるだけで、普段人目に触れる事はなくどちらかと言うと脇の毛が目立ちますね。
サロンで脱毛している方は別として、脇の毛は剃るか、抜くかどちらかで処理する事が多いかと考えます。

私自身は20歳の時に、脱毛サロンへ通い永久脱毛をして貰いましたが、サロンの方の話によると、毛を抜くという事は毛根にダメージを与える事になるので、毛の元に刺激を与えてしまうとこれも又、黒ずみの原因となってしまうと教えてくださいました。
確かにカミソリの方は少し物足りない感じはしますが、抜くのは痛いし痛い思いをして綺麗にしても、結局は黒ずみの元を作ってしまうので良い事は何もないですね。

 

 

肌はいつまでも綺麗に保ちたい

勿論、世の中の女性達は色んな考えを持っているので、色素沈着から黒ずみになってしまっても特に気にしない、今更どうケアしても変わらないだろう、いやでも自分は何歳になっても美白を目指す、肌はいつまでも綺麗に保ちたいと、両極端な意見もありますね。

私は現在30歳ですが、どちらかと言うと死ぬまで肌は綺麗に保ちたい方の考えです。
しかしこれから、40代、50代と年齢を重ねていくけど肌がシワシワになってしまうお婆ちゃんの姿になったら、ケアはしなくなると思います。

どの色素沈着、黒ずみでも全てはまだ若い時から、30歳はまだ肌が生まれ変わろうと頑張っている年だと思うので、蚊に刺されても掻きたいけど掻かないではなく、限度の範囲で行うのが大切。
もしそれでも跡が残り、黒ずみとなってしまったら後回しにせず、その場その場で対策法を施したいと思います。
私の個人的な考えですが、女性として生まれたからにはいつまでも清潔感のある、年相応な綺麗でいたいのです。
全く美容に興味がない人でも、汚くなるよりかは綺麗になった方が嬉しいと思います。

後悔しないための適度なケアと行動

身体の肌は勿論、顔の肌も毛穴の黒ずみ、他に紫外線でダメージを受けた肌は色素沈着し、やがてシミになって行くでしょう。
もう歳だから、仕方ないではなくあの年頃の時もっとこうすれば良かった、と後悔もしたくないのです。
その後悔をしない為にも、今から自分で自分の黒ずみを作らないように適度なケアと、行動を心掛けていきたいと思う。

 

 

 

 

 

-体験談
-

Copyright© 紫外線ケア、日焼けケアなど美白・しみのお悩み相談所 , 2019 All Rights Reserved.