体験談

シミ改善のために

更新日:

黒の日傘

頬にやたらと入念にコンシーラーを塗られました

20代女性です。
子供の頃に毎シーズン海に行っていたので薄いそばかすがありますが、目立つわけでもないし、メイクすれば隠れたので全く気にしていませんでした。
20代前半までは夏の日差しが強い日でも日焼け止めはほぼ塗っていませんでした。
もともと肌荒れ知らずだったので化粧品を買いに行っても肌綺麗ですねと言われていて、自分が肌が綺麗だと認識していました。

しかし、ある日ベースメイク用品を買いに行きメイクを試していたところ、コメカミに近い頬にやたらと入念にコンシーラーを塗られました。
25歳くらいだったと記憶しています。
家に帰って鏡でその箇所を見てみたところ大きめのシミが出来ていることを発見しました。
顔のサイドはなかなかしっかりと見ることがなかったのでそれまで全然気づいていなかったけど、これは確かにコンシーラーを塗った方がいいかもしれないと思いました。

その一週間後くらいに、仲の良い昔からの友人とご飯を食べていたところ、そのシミどうしたの?と言われました。
自分の中ではそこまで目立つと思っていなかったのでびっくりしました。

 

 

シミ対策を始めることにしました

年齢と共に若い頃にケアしていなかったところが出てきたなと実感し、これがきっかけでシミ対策を始めることにしました。

日焼け止め

まずは天候に関係なく日焼け止めを毎日しっかり塗りました。
日焼け止めは汗などで落ちるため朝塗るだけじゃダメだと聞いたので午後には必ず塗り直しました。
顔に塗る日焼け止めは強いものだと肌荒れするかもしれないので、オーガニックのものにしました。
しかしオーガニックのものは肌に優しい分、日焼け止め効果が低いので、ファンデーションは日焼け止め効果のあるものを重ねました。
ルースパウダーもサンケアできるものを選びできるだけ小まめに塗り直しました。

日傘

そして、日傘をさすようにしました。
これがあるのとないのじゃ全然違います。
日傘にも種類があり、裏が黒くなっているものの方がUV効果が高いです。
ただのコットンの日傘も買いましたが、思った以上に日焼けしました。

美白効果のある基礎化粧品

次に基礎化粧品をすべて美白効果のあるものに変更しました。
すぐに効果が出るわけではないけど、使うのと使わないのでは一ヶ月後の肌が違います。
少し日焼けしてしまったかなと思っても毎日しっかり美白効果のあるスキンケアを使っていると元に戻ります。
これで今後のシミの予防にはなっていると思います。

出来てしまったシミに関しては、ポイントで使う美容液を買いました。
有名ブランドのいろいろなポイント美容液を試してみたけどあまり効果がありませんでした。
私の頬にある一番目立つシミはしばらく放置して色素が定着してしまっているようなものなので、消えるまでには割と時間がかかりそうです。

試した中でも一番効いたのは美容皮膚科で購入したハイドロキノンが入っているもの。
ハイドロキノンは紫外線を吸収しやすいそうなので、昼間は塗らずに夜だけにしていました。
変化がすぐでる訳ではなかったけど、毎日根気よく使い続けていたらだんだんシミが薄くなってきました。

レーザー治療

美容クリニックでレーザー治療も受けてみました。
ジェネシスという機械を使い治療をしてもらいました。
痛みはさほどありませんでしたが、治療後は一時的にシミが濃くなるのでそれが気になってしまい、二回で止めてしまいました。

シミ対策の製品は各ショップからいろいろな種類が出ていますが、出来てしまってからなくすのには時間がかかります。
若い頃からしっかりとサンケアしていた友人は今も肌がとても綺麗でシミは見当たりません。
細かいことで毎日サンケアをすることは面倒だと思うこともありますが、日々のケアで今後の肌が変わると思います。
積み重ねがとても大事です。

 

 

 

 

 

-体験談
-

Copyright© 紫外線ケア、日焼けケアなど美白・しみのお悩み相談所 , 2019 All Rights Reserved.