体験談

頬のガサガサと赤みが消えない!

更新日:

公園にいる親子

屋外での販売の仕事

30代半ば、色白乾燥肌の女性です。
20代までは肌質が自慢で化粧品販売の仕事をしていました。

20代後半のある数ヶ月、屋外での販売の仕事をすることになりました。
日差しを少し感じる程度でした。
普段は日焼けをしてもすぐに白くなるし、日焼け止めの重たいテクスチャーが苦手だったため、普段と同じ軽めの日焼け止め、ファンデーションで屋外に立っていました。

右頬に丸く赤い炎症

そんなある夜、洗顔後、日焼けをした後のヒリヒリ感があり、頬が痒くなって無意識に掻いてしまい、右頬の高いところに直径2センチ程の丸く赤い炎症ができました。
オロナイン軟膏を塗ったり、部分用パックを貼ったりしましたが、どんどん痒みは増し、目の下全体に広がってしまいました。

今思えば薬はともかく、炎症を起こしている部分にパックをするというのは間違っていたと思います。
数日後には痒すぎて、ファンデーションも乳液も付けられなくなり、マスクをつけて顔を隠していました。
仕方なく皮膚科を受診し、日焼けからくる炎症だろうとのことで、ステロイド剤を処方されました。
ステロイド剤のお陰で、3日後に炎症は良くなりましたが、その後も外に少し長くいるだけで、日傘を差していても、頬の全体が赤くなってしまうようになり、紫外線対策に悩んでいます。

皮膚科を色々と回りました

ホルモンの異常や、アレルギーなども疑って、名だたる皮膚科を色々と回りましたが、やはりどこも診断と処置は同じで、ステロイド剤をつけて落ち着いたら保湿剤へと変えて治すというものです。
でも完全に治ることはなく、日差しが強くなる季節に毎年再発するのが辛いところなんです。
今の所、落ち着いている時は夜は特に積極的に保湿するというのが地道で地味ですが、1番の解決法かなと思っています。

 

 

十分な保湿

保湿が十分にできてないと、紫外線の影響を受けやすいみたいですし。
今使っているのは小林製薬のヒフミドというスキンケアシリーズです。
ヒリヒリしないですし、セラミド系で、以前使っていた花王のキュレルシリーズ同様、つけた時に肌の表面で浮いた感じがなく、奥から潤ってくる感じがして、お気に入りです。

ただ、ヒフミドは乾燥肌用で、キュレルは肌質によって数タイプに分かれているので、乾燥肌ではない方はキュレルの方がいいかもしれません。

UVケア

また、私は日焼け止めをしてから化粧下地をつけるのが苦手なので、ニベアのウォータータイプのBBクリームを使って普段の紫外線対策をする事にしています。
カバー力はあまり無いですが、ほんのりピンクがかっていて、コントロールカラーの役割も果たしてくれます。なによりさらっとしているので、乳液のようにつけられるのが良いです。

本当はもう少し強めのUVケア商品を使いたいのですが、普段使いには肌にも逆に負担になってしまいそうですし、洗顔も普通のメイク落としで落ちてくれるので、楽です。

 

 

子育て中なので毎日公園へ

今は幼児の子育て中で、晴れた日は毎日公園に数時間いるので、夏はパーカーやアームカバーにつば広帽で防御していますが、やはりどうしても紫外線の影響は避けられないようで、最近では左目の下あたりに3個黒子のような薄くて小さいシミが。
小林製薬のケシミンの塗るタイプを地道につけているのですが、今のところ効果なしです。
こんなことをしていたらドンドンシミやシワが増えて、老け顔になってしまうと焦っています。

ですが、保湿をしっかりとするようになってからは、以前のようなひどい炎症は出なくなりました。
ある程度皮膚にバリア機能ができているのでしょうか。
授乳中でもあるので、飲むタイプのサプリは試していないのですが、授乳が終わったら、ぜひ美白系やビタミン剤などを試してみたいです。以前のようなツルツルした色白肌を取り戻したいです。

 

 

 

 

 

-体験談
-

Copyright© 紫外線ケア、日焼けケアなど美白・しみのお悩み相談所 , 2019 All Rights Reserved.