体験談

顔だけではない見逃してしまう身体のシミ

更新日:

女性の首

注意しなければいけない首のシミ

女性。
30歳。
細身体型とよく言われます。
派遣会社勤務。

肌のシミというと、顔の皮膚が薄い目の周りなどに出来るイメージがありますが、他にも注意しなければいけないシミがあり、それは首です。
首の皮膚も、触ってみると薄いような感じで見逃してはいけない場所だと気付きました。
シミの原因となる紫外線は、夏が1番強いと思われますが1年通して紫外線は常にあり、特に晴れた日以外で曇り空の時も紫外線が強いと耳にした事があります。
どうしても夏や太陽が照りつける日以外は、日焼け止めを塗らずに外出してしまうのでそこに大きな落とし穴があるんですよね。

個人的な意見ど言うと、日焼け止めを購入するドラッグストアなどは夏になると販売すると思っていましたが、秋や冬によく陳列棚を見てみると狭いスペースでも日焼け止めを販売している事を知りました。

日焼け止めを首全体に塗るのは忘れてしまいがち

話を少し戻しますが、首に出来てしまうシミ。
7月初めから9月中旬くらいまで紫外線が1年の中で特に強い時期に、焼けたくない顔、腕、足にはしっかり塗っていましたが、首全体に塗るのは忘れてしまいがち。
特に、髪が長いので結ばずに下ろしている場合は髪の毛がガードになると思い込んでしまい首へのケアは怠ります。
よく鏡で見てみると、物凄い大きなシミが出来ているのではなく小さなホクロのように、薄茶の点々が所々にあるので、これはシミで間違いないですよね。
顔と近いだけあって、首に出来てしまうと見た目年齢も老けて見えると思いますし、私を含め女性達には悲惨な現実です。

寒い季節は、長袖を着ますし足はタイツやズボンを履く一方で、よくよく考えると首はタートルネックでも着ない限り、1年中露出している場所で、それはそうかと気付いた時にはもう遅いのですね。
出来てしまったシミは簡単には消えません、むしろ一生消えない可能性は高いですし、直ぐにシミになる訳ではなく蓄積されたものが徐々に年を増すごとに出てくる事を考えると、ある意味恐怖です。

 

 

シミの対処

少しでも対処する為に外側からのケアは勿論の事、内側からのアプローチも必要だと考え、シミに効くサプリメント、ハイチオールCや通販のキミエホワイトを使用しました。
個人差はあると思うので、数ヶ月継続して飲み続けた結果、大して効果は感じられず、あまり関係のない肌に出来る吹き出物の治りを良くしてくれました。
それはそれで嬉しいですが、肝心のシミは消える事はなくサプリメントの使用は中止しましたが、外側からのケアを重視したからと言ってシミは撃退出来ません。
すごい高い化粧品を使い、効果があるパックをしてシミが消えてくれるなら誰も苦労はしないですよね。

これからシミが増えないようにしよう

色々悩んだ結果、今のシミを消す事ではなくこれからシミが増えないようにしよう、と気持ちを切り替える事が出来、ケアをしています。
なんと言っても日焼け止めは、私達の味方になってくれる必需品で毎日欠かさず顔から首に塗る事、先程内側からのケアは中止すると記しましたが、サプリメントではなく規則正しい食生活、バランスの取れた食事を心掛けるようになりました。
シミに効果があると聞くビタミンCなどを意識しながら摂取するのではなく全般です。

正直今は、ビタミンやサプリメントの効果はあまり信じない事にし、気持ちにゆとりが出来るよう自分の出来る範囲で取り組み、バランスの良い食事を摂取したとしてもシミ本来が消えることはありませんが、他の部分が綺麗になる事によって、シミを補うかのように肌のツヤが出てくれるのではないかと、願っています。
首のシミだけの話をしてしまいましたが、顔にも腕にも足もシミの予備軍が潜んでいるかと思われるので、夏場だけにとらわれず、季節を通してケアをすれば、悪い結果は現れないと信じてます。
自分自身の考えですが同じ意見の方も少なからずでも、いらっしゃれば心強いです。

 

 

 

 

 

-体験談
-

Copyright© 紫外線ケア、日焼けケアなど美白・しみのお悩み相談所 , 2019 All Rights Reserved.