体験談

色黒→色白→色黒 日焼けは記憶される

更新日:

エステで顔の手入れをしてもらう女性

子どもの頃は色黒

神奈川県在住32歳主婦です。
一年半前に出産、現在育児休暇中です。

わたしは子どもの頃はかなり色黒でした。

日焼け止め

ですが、高校生ぐらいから美白や日焼け対策を始め、子どもの頃の色黒がうそのように色白に!!
当時のお小遣いで買える美白、日焼け対策アイテムといえば、すごいものは買えませんでしたが、毎朝晩、化粧水のあとにポンズダブルホワイトのクリーム、アネッサの日焼け止めを全身に塗りたくる、といったようなものでした。
そんなお手入れをしていましたが、大学進学あたりからギャル化してしまい、日焼けしたくてしょうがない日々。
身体は焼いてましたが、顔は日焼け止め、SPF高めの下地、ファンデーションを重ね完全防御。
この頃は身体の日焼けも冬になれば抜けていたので、わたしはどちらかというと色白の部類に。

 

 

日焼け後の肌のダメージ

就職する頃になると、日焼け後の肌ダメージの大きさ(乾燥して肌がバサバサになり、しわっぽくなる。もともとあったそばかすが濃くなり、目の下のクマが濃くなる。など)が深刻化し、紫外線が恐怖に。
出かけるときは日焼け止め、日傘、サングラスは必需品になりました。

肌のケアも、デパートの化粧品売り場へ行き、肌チェックをしてもらって自分に合った美白ケアをかたっぱしから試す、といったことをしました。
雑誌などで効果がある!すごい!と書かれているアイテムはほとんど使いました。
外資系ブランドの中では、シャネル、ランコムの美白美容液が即効性を感じましたが、慣れていくのか、効果をあまり感じなくなるのも早かったような、、

国産ブランドではやはり、資生堂の美白シリーズが一番効果を感じました。
化粧水、美容液、乳液と揃えて使いました。
また、化粧品以外にも、夏が来る前に身体にビタミンCを蓄えておくと日焼けしにくくなる!という噂を聞きつけ、サプリを飲んだり、年齢と共に身体の日焼けが抜けなくなってきたので、ボディ用美白ローションを使ったりしました。

結婚式の前のエステ

結婚式の前は徹底的に美白したかったので、3ヶ月かけてフェイシャル、ボディエステに通いました。
この頃は本当に色白になれていました。
周りからも、顔以外のパーツでさえキレイ!と褒めてもらえることが増えました。
やはりセルフケアも大切ですが、プロの手を借り、時間、お金をかけてケアするのが一番効果的なんだな、と痛感しました。
その後、エステ通いはやめましたが、セルフケアでは美白パックやピーリングなどを始め、なるべく良い状態を維持できるよう努力していました。

 

 

妊娠、そして出産後

そんなある日。
妊娠が発覚し、全てがかわりました。
つわりが重く、肌のお手入れなんてできない日々。
出産直前には肌のくすみがかなり出ていて、身体も日焼けしていました。

産後も、肌荒れとの戦いの日々。
吹き出物ができ、治りきらないうちにまたできるので、跡が残りシミのように。
また、毎日のように子どもと外に出かけるので、日焼け対策をしてもいつのまにか真っ黒に、、
仕事に行ってない分、ノーメイクで日中過ごす時間が大幅に増えたせいで、ファンデーションの番号が2つ、濃い方になりました。

日焼けは記憶される

毎日睡眠不足のせいと、年齢のせいもあると思いますが、日焼けが全く抜けないようになってきています。
学生時代に焼いていた身体は、特に腕、背中、肩周りは細かいシミがたくさん出てきています。
化粧品メーカーの方に言われた、日焼けは記憶される、というのは間違いないんだと身をもって体感しております。

ただ、高校生時代からケアを始め、守りぬいた顔!は、産後のニキビ跡が少しありますが、めだって大きなシミがあるわけではないので、やはり美白、日焼け対策の効果があったのかなと。
同年代の友人たちの顔にはちらほらシミが出始めています。
彼女たちに比べればわたしはシミがないほうです。
子育てが落ち着いたら、もう少し自分に時間をかけで、また少しでも色白に近づけるよう努力したいと思います!

 

 

 

 

 

-体験談
-

Copyright© 紫外線ケア、日焼けケアなど美白・しみのお悩み相談所 , 2019 All Rights Reserved.