体験談

ズボラだった私のシミ対策

更新日:

コットン

日焼け対策を全くしてきませんでした

3歳と1歳の子育てをしている専業主婦(24)です。

私はこれまで日焼けや美白というものに関心がなく、日焼け止めクリームなどの日焼け対策を全くしてきませんでした。
しかし子供を産んでから数年たったある日、自分の顔にできてきたシミを見つけて愕然としました。
子供を産む前もそうですが、出産後も公園やお散歩でほぼ毎日外に出ていたにもかかわらず「まだ20代だから大丈夫」とか、「なんとかなるでしょ!」と思っていた今までの自分に本気で説教したくなりました。

それをキッカケにまずは美白について色々と調べることに。
調べていくうちに、お肌はきちんとお手入れしないと取り返しのつかないことになるんだという記事が大半で、当然のことなのに改めて落胆。

紫外線と乾燥はシミ対策の大敵

まず、紫外線と乾燥はシミ対策の大敵だということ!
そして、美白にはビタミンC誘導体という成分が鍵だということ!
日焼け止めクリームは、日焼けをしないようにするものではなく、肌に紫外線が届くまでの時間を遅らせるものだということ!
…調べれば調べるほど知らなかった情報だらけで、何から手をつけていいかわからず更に迷ってしまいました。

 

 

日焼け対策をする毎日

あれから約1年ほどになりますが、自分なりに日焼け対策をする毎日が続いています。
まず、春夏秋冬関係なく毎日欠かさず日焼け止めクリームを塗るようになりました。
でも、先ほども書きましたがこれはあくまで日焼けする時間を遅らせるだけのものなので、なるべくこまめに塗り直すようにしています。

もちろんツバの大きめの帽子をかぶったり、日傘をさしたりとできる範囲で直接陽に当たらない努力もしています。
化粧水や乳液も、美白効果があってビタミンC誘導体が入ったものを選んでいます。
美白に効果のあるビタミンCは、肌に直接塗ってもほとんど浸透しないほど脆いそうで、それを人工的に肌に浸透できるように改良したものがビタミンC誘導体だということです!
この成分は浸透した後にビタミンCに変化してきちんとお肌の中に美白効果を届けることができるというので、私としては外せない成分です。

乾燥対策に毎晩欠かさずにパック

また、乾燥対策としては毎晩欠かさずにパックを使用しています。
パックというのはコストもかかるし正直面倒だと思っていたのですが、100枚ぐらい入って安く売っているものでも良いのでとにかく毎日することが重要なんだそうです。
もっといえば、化粧水をコットンに染み込ませて顔に数枚乗せるだけでも◯!
所要時間も、顔に乗せてから10~15分程度のものなのでやってみると案外手軽にできてズボラな私でも毎日続けられています。
もちろんこのパックも美白効果のあるものを選んでいます。

正しい肌ケア

また、色々調べていくうちにお風呂上がりの正しいケアの順番が化粧水→美容液→乳液→クリームということも初めて知りました。
化粧水で美容液が浸透しやすいように肌を整え、美容液で美容成分を補給し、乳液でしっかり保湿したあとクリームでフタをするという感じです。
そもそもこれまで化粧水と乳液しか使っていなかったのですが、よくよく化粧品売り場を見てみると美容液やクリームも意外とプチプラで揃うものがいくつかあり、これも全て揃えて今は正しい順番で使っています。
なんとなくですが、安くても全て同じメーカーのもので揃えることにはこだわっています。

これまで美白・美容に対してあまりにズボラだった私ですが、今のところ1年前に比べてシミは減ってはいないものの増加は抑えられていると思います。
一度シミを消すことができるというオールインワンの化粧品を試してみましたが、私にはイマイチ効果がありませんでした。
個人差はもちろんあると思いますが、少々コストもかかってくるものなので慎重に選んで自分に合ったものを探すしかないんだと思います。

 

 

 

 

 

-体験談
-

Copyright© 紫外線ケア、日焼けケアなど美白・しみのお悩み相談所 , 2019 All Rights Reserved.