シミ美白化粧品

美白 スキンケア 美白化粧水で得られる効果はどんなもの?くすみケアも可能?

更新日:

美白 スキンケア

美白 スキンケア

シミ、くすみのない肌。
それは女性にとって手に入れたいものなのではないでしょうか。

エイジングサインでもあるシミ、くすみは防ぎたいものの、エステやクリニックでの特別なケアや施術を受けるのも躊躇いますよね。
そんなときに使いたいのが、美白化粧水と呼ばれるアイテムです。

いつものスキンケアに美白化粧水を取り入れることでどんな効果が得られるのかを解説します。

 
 

美白化粧水の効果とは?

美白化粧水と一口に言っても、配合されている有効成分によって、得られる効果が微妙に異なります。
自分がどんな効果を求めているのか、という点を把握してから美白化粧水を購入すると失敗しませんよ。

 

シミの元となるメラニンの生成を阻害する

アルブチン」や「プラセンタ」といった成分は、紫外線を浴びてメラニンが生成される際に活発になる細胞のメラノサイトの働きを阻害、抑制することでシミのない肌を維持します。
これからできるかもしれないシミを防ぎたい場合におすすめです。

 

メラニンを排出させる

メラニンが生成されたとしても、肌のターンオーバーが正常に行われていればメラニンは排出されていくので、シミが発生する可能性は低いのですが、適切に排出されずに肌に残ったままになったメラニンは、次第に色素沈着してシミへと変化していきます。
それを防ぐ成分が「リノール酸S」や「エナジーシグナルAMP」です。

 

メラニンを還元して薄くさせる

すでに肌に現れたシミに対して効果的な成分は「ビタミンC誘導体」です。
色素沈着してしまったメラニンに対して働きかけ、シミの色を薄くしていく効果が期待できます。

 
 

美白化粧水を使うメリット

まれに「美白化粧水を使って肌の色が白くなった!」というような口コミを見付けることもありますが、人は生まれ持った肌の色よりも色白になるということはできません。
美白化粧水の効果は、以下のようなことです。

 

シミやそばかすを予防する

紫外線を浴びることで、シミ、そばかすといった肌悩みが生まれます。
これは、紫外線を受けてメラニン色素が生まれ、細胞を破壊するためです。
それを防ぐ効果を持っているのが、美白化粧水です。

ただし、脂漏性角化症シミという盛り上がったシミは、原因が紫外線ではないため、美白化粧水を使っても効果は得られません。

 

日焼け前の肌の色に戻していく

肌のターンオーバーを促進する効果を持った成分が配合された美白化粧水を使ってスキンケアを行えば、日焼けして黒くなった肌の色を以前のような状態に近付けて行く事が可能です。

 

肌のキメを整える

肌のターンオーバーが正常に行われることで、肌のキメが整います。
キメが整った肌になると肌の水分量が安定し、透明感が高まります。
また、肌の調子もよくなっていきますので美肌にもつながります。

 

くすみを防ぐ

メラニンが生成されるのを防ぎ、透明感が高まることでくすみを予防する効果が期待できます。
しかし、肌の糖化が原因となっている黄くすみ、冷えなどの血行不良が原因となっているくすみ、角質の蓄積によるくすみには美白化粧水では効果が得られません。
それぞれのくすみに合ったケアを行いましょう。

 

ニキビ跡、毛穴ケア

ニキビ跡が赤くなっている場合や、色素沈着してしまった毛穴の黒ずみのケアも美白化粧水を使えば可能になります。

 
 

美白化粧水を選ぶポイント

いざ美白化粧水を購入しようと思っても、たくさんの商品がありますので迷ってしまうと思います。
ここでは美白化粧水を選ぶ際にチェックしておきたいポイントについて解説します。

 

求める効果が得られる成分を知る

美白有効成分と呼ばれる成分は複数ありますので、自分がどんな効果を得たいのか明確にしてから商品を選びましょう。
美白有効成分の中でも有名な成分について簡単にまとめます。

・シミ、毛穴、シワに効果的な「ビタミンC誘導体」
「リン酸アスコルビルMg(APM)」や「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)」という名前でも表記されているのがビタミンC誘導体です。
複数の効果を持つ成分ですので肌のトータルケアがしたい方におすすめです。

・ニキビケアもできる「トラネキサム酸」
メラニンが生成されないようにアプローチするほか、炎症を抑える効果も持っている成分ですので、シミを防ぎつつニキビをケアしたい場合に良いでしょう。

・メラニンを作らせない「プラセンタエキス」
メラニンを生みだす元になると言われる酵素の働きを阻害するため、シミを防ぐ効果があります。
また、抗炎症作用も期待できます。

・メラニン生成をさせず、除去する効果も「アルブチン」
メラニンが生成される働きを抑える効果のほか、生成されたメラニン色素を取り除く効果を持っています。

・メラニン生成を防ぐ「コウジ酸」「リノール酸」「カモミラET」
これらの成分は、紫外線を浴びてもメラニンが生成されないように抑制し、シミのない肌を維持しやすくします。

これらの成分が美白有効成分としてよく目にするものではないでしょうか。
そして、美白化粧水を購入する際には商品に「医薬部外品」や「薬用」という単語があるものを選ぶようにしましょう。
これは、厚生労働省に認可を受けた有効成分を使っているという証です。

 

保湿成分配合のものを選ぶと効果アップ

いくら美白をしても、肌が乾燥していると十分な効果が発揮されないままになってしまいます。
そのため、美白有効成分とともに、保湿効果に優れた成分が配合されているものを選ぶのがおすすめです。

保湿成分の中でも、水分保持力に優れたセラミド、角質内で水分を維持するヒアルロン酸やコラーゲンやエラスチン、肌を守る成分でもある天然保湿成分がとくに効果的です。

 

自分に合うかテストをしてみる

敏感肌や乾燥肌の方はせっかく購入しても肌に合わなかったりしますので、まずはサンプルやテスターを使ってパッチテストを行ってみましょう。

パッチテストは、絆創膏を使って簡単に行えます。
まず、絆創膏のガーゼになっている部分に化粧水を滲みこませ、二の腕の内側に貼り付けます。
そのまま24時間過ごし、肌が赤くなっていないか、かゆみはないか、腫れていないかという点を確かめてください。

 

継続していける値段のものを購入する

美白化粧水の効果は長期間にわたって使用することで得られます。
しかも、メーカーに推奨されている適量を守ることも大切です。
そのため、高価な美白化粧水を少しずつ使うのではなく、お手ごろな価格の美白化粧水をたっぷり使う方が良いと言えるでしょう。

 

テクスチャーの香り、使用感を確かめる

せっかく使うのですから、自分の好みにあったものを選びたいですよね。
香りの有無や、テクスチャーを手に取った感触も事前に確かめておきましょう。

ちなみに、とろみがある美白化粧水も多数ありますが、とろみ=保湿力、というわけではありませんので、配合成分をきちんと確かめるのが大切です。

 
 

美白化粧水を使おう

基本的なスキンケアの方法を守れば、美白化粧水の効果を得られます。
気を付けておきたいポイントをおさらいしましょう。

 

洗顔後、時間をおかずにスキンケアを始める

顔を洗った直後から肌は乾燥しはじめます。
なるべく間をおかずにスキンケアを始めるのがベストです。

その際は、商品の説明書に沿った使用方法を守ってください。
自己流で行うと効果が発揮されにくくなることもあります。

肌全体に馴染ませたら、手のひらを使ってハンドプレスをします。
そうすることで化粧水がしっかり浸透していきますよ。

 

注意したいスキンケア

肌に刺激になりやすいことは避けておきたいものですので、コットンを使って摩擦を与えるようなケアをすることや、強い力で何度もパッティングをすることは止めておきましょう。

また、早く効果を得たいからといって、使用量を過剰にしてもとくに意味はありませんので、メーカーの推奨する使用量は守って使いましょう。

そして保管する際もメーカーの推奨する方法を守ってください。
直射日光や高温を避けるのはもちろんですが、冷蔵庫で保管するのもいけません。
成分の変化、劣化ということが起こります。

 
 

美白化粧水の効果は一朝一夕には得られないもの

美白のためには、毎日美白効果を持つアイテムを使ってケアすることが大切です。
しかもそれをずっと継続していく、という根気強さも必要となります。

シミができる前から美白ケアを始めておけば、将来の綺麗な肌を作ることもできますので、ここで紹介した美白有効成分が配合されたアイテムにどのようなものがあるのか、ぜひチェックしてみてください。

 
 

-シミ美白化粧品
-, ,

Copyright© 紫外線ケア、日焼けケアなど美白・しみのお悩み相談所 , 2019 All Rights Reserved.