シミ・美白の基礎知識

シミを防ぐには洗顔から!正しく顔を洗って美肌を目指そう

更新日:

シミを防ぐには洗顔から!正しく顔を洗って美肌を目指そう
朝と夜の2回の洗顔、正しく顔を洗えているという自信はありますか?
シミができる原因が、実は洗顔にあると知ったら少しゾッとしませんか?
どうしてシミができるのか。知っている方も多いと思いますが、シミについて改めて勉強して、明るく美しい肌へを目指しましょう。

シミ洗顔

 
 

目次

シミについて知ろう

人種を分けるのは肌の色ですが、どうして肌の色が違うのかというと、それは肌に含まれるメラニン色素の比率が異なるためです。
メラニンと言っても、黒色から褐色の色素を持つユーメラニンと、赤色から黄色の色素を持つフェオメラニンという2つの種類に分かれます。これらのメラニンの量のバランスの違いによって肌の色に違いがでるほか、紫外線を受けたときに肌が感じるダメージなどの差も異なってきます。

肌の色が濃い、黒いという方はユーメラニンを多く持っており、紫外線の影響を受けにくいと言われていますが、フェオメラニンを多く持つ色白の方は紫外線の影響によるダメージを受けやすいと言われています。そのため、色が白い方は日頃から日焼け止めなどの対策をとってシミができないように気をつけている方が多いです。
もちろん、ユーメラニンを多く持っている方でもシミはできますので、ついうっかりケアを怠ってしまうと将来シミができてしまうということになってしまいます。

 
 

シミが出来る仕組み

メラニンは、アミノ酸のなかの一つである色素細胞、チロシンから作りだされています。
チロシナーゼという酸化酵素の働きで反応し、変化します。その工程を繰り返して、最終的にはメラニンへと変わりますが、これだけでシミになるのではありません。

日常生活のなかで紫外線ダメージを受けると、ケラチノサイトという細胞が異常を来します。すると、脳が色素細胞に対して「肌を守るためにメラニンを作れ!」という命令を出します。その命令が出され続けることによって大量のメラニンが生成され、ターンオーバーなどで体の外に出なかったものが肌に残り、シミとして現れます。

お肌にとって大切なターンオーバーですが、この周期は意外と乱れやすいものです。紫外線ダメージや加齢といったもの以外にも、ストレスや睡眠不足といったことでもターンオーバーがうまくいかなくなることがあり、その影響で肌の代謝が乱れてしまいます。
そうなると、肌内部で生まれているメラニンがそのまま定着してしまうことになります。

 
 

シミには種類がある

紫外線ダメージが原因。老人性色素斑

シミの最も多い原因はこの老人性色素斑です。頬骨のあたりやこめかみといった、紫外線が当たりやすい部分に現れるのが特徴です。大きさは物にもよりますが、大体5ミリから10ミリほどで、丸い形のものがほとんどです。
女性だけでなく男性にもできるものです。

女性ホルモンが原因。肝斑

目の下のあたりに、左右対称に茶色やこげ茶のシミができた場合は、老人性色素斑ではなく肝斑である可能性が高いです。
これは、30代から40代にかけての女性に多く見られるシミです。妊娠した際や、産婦人科で処方されたピルを服用する際にできるため、女性ホルモンの影響を受けて現れるものだと言われています。
閉経することで消えることも、女性ホルモンの影響だと考えられています。

実はそばかすもシミの仲間

子供の頃、そばかすがあるのが嫌だった方もおられると思います。そばかすはシミに比べて色が薄いのが特徴です。大きさも小さめで、だいたい5ミリ以下のものがまばらに顔に現れます。
そばかすができる原因は遺伝の影響が強いと言われていますが、成長とともに消えていくことがあります。しかし、紫外線を受けることで濃くなる場合もありますので、気になる場合には、放っておいて良いとは言えません。

目の下にできやすい。遅発性両側性太田母斑

目の下にできてしまうことが多いので、クマの一種と思われやすいシミです。
人によっては生まれてすぐに遅発性両側性太田母斑が現れることもあれば、大人になってから現れることもあります。
この遅発性両側性太田母斑は少し厄介で、通常のシミとは異なり美白向けの化粧品でのセルフケアでは改善できません。取り除きたい場合には皮膚科に行って治療を受けなければいけません。

隆起してきたシミ。油漏性角化症

これは高齢者に多く見られるものです。角化という名前の通り、シミが隆起してきたもので、ホクロやイボのようにも見えます。

肩にできるシミ。花弁状色素斑

花弁状色素斑は顔ではなく、肩や背中にできるシミです。シミが薄茶色の花びらのような形をしているのでこのような名前が付いています。
肌の色が白い方に多く見られるシミで、紫外線ダメージの影響が原因だと考えられています。

 
 

シミの原因

紫外線の影響による色素沈着

紫外線を浴びると肌の内部でメラニン色素が作り出されますが、ターンオーバーがきちんと行われれば作り出されたメラニン色素は外へ出ていきますので、シミはできません。
しかし、ターンオーバーができないままの状態だとメラニン色素は肌内部でそのままになり、どんどん蓄積されていくことになります。
蓄積したメラニンが色素沈着すると、肌表面にシミとなって現れます。これが、紫外線の影響によるシミです。

誤った洗顔方法で顔を洗っている

毎日の洗顔で、皮脂やメイクを残さず洗えていますか?疲れて帰ってきてメイクオフせずにベッドに倒れ込む…なんてことをしていませんか?
それがシミの原因になっているかもしれませんよ。

注意しなければならないのは、毛穴に残った汚れの酸化です。丁寧に顔を洗って毛穴の汚れもきちんと落としてください。
しかし、洗いすぎもまた乾燥などのトラブルを引き起こす可能性があります。
ダブル洗顔できちんと汚れを落とすためにも、擦りすぎない、乾燥しにくいアイテムを選ぶといった工夫をしましょう。

 
 

洗顔方法の基本

洗顔料を使った洗顔は1日2回まで

洗顔料のなかには強い洗浄力を持ったものがあります。これは、肌の汚れを落とすためには欠かせないことなのですが、あまりにも強い洗浄力で顔を洗い続けていると肌を守る為の皮脂、水分、油分まで洗い流してしまうかもしれません。そうなると乾燥しやすくなります。
乾燥はシミ、シワという肌トラブルの原因とも言われますので、1日に何度も洗顔料を使うのは止めた方が良いでしょう。

洗顔料はしっかり泡立てる

手が肌に触れると摩擦が起きて肌を傷付ける可能性がありますし、強い刺激を与えられた肌がメラニンを作ることがあります。
泡立てネットや泡洗顔料などを利用して、泡で顔を包むようなイメージで顔を洗いましょう。ついゴシゴシ擦りたくなりますが、泡そのものが皮脂や汚れを吸着する働きを持っていますので、泡を潰さないように優しく洗ってください。

熱いお湯、シャワーは使わないで

洗顔料を洗い流す際は、ぬるま湯程度の熱さのお湯を使ってください。あまりに熱いお湯を使うと、皮脂が流れて水分が蒸発しやすい状態になってしまいます。せっかく正しく顔を洗った意味をなくさないためにも、人肌程度のお湯がベストだと言われています。
また、お風呂に入った際の洗顔ではシャワーで一気に泡を流したくなりますが、強い水流で顔を洗うと肌が負担を感じることがあります。
洗面器に溜めたお湯で丁寧に泡を流しましょう。

最後まで優しく

顔を洗い終わった後、水滴が落ちるまえにパパッとタオルで拭いてしまうということがあると思いますが、強く擦ると摩擦が起きて肌は傷付いてしまいます。
ポン、ポン、と肌を押さえるように優しく水滴を取るようにしてください。
そして、顔を拭く際のタオルも清潔なものを使いましょう。雑菌が繁殖しているとニキビなどのトラブルの原因になります。タオルが無い場合はティッシュでも良いですよ。

 
 

シミを薄くしたいときにおすすめの洗顔料

洗顔の際にもシミを薄くする効果が欲しい場合、おすすめの成分があります。

・ビタミンC誘導体
肌の表面に残っている角質とメラニンを取り除いてくれると言われています。メラニンが取り除けることでシミができる可能性は低くなりますし、角質がなくなることで肌トラブルのない肌を育てやすくなります。

・泥や炭
天然の泥や炭には肌に残った汚れを吸着してくれる力があります。クレイパックもこの働きを利用したものです。ターンオーバーで排出しきれなかった角質などもこれで洗い流せます。

 
 

日々の積み重ねでシミのできない肌になろう

シミとの戦いは一朝一夕で終わるものではありません。丁寧に顔を洗って、肌に残った汚れをきちんと洗い流すことに力を入れましょう。
保湿力の高いもの、ビタミンC誘導体や泥、炭といった成分を配合しているものなど、自分にあったアイテムを使って綺麗なお肌を目指しましょう。

 

美白洗顔
美白ケアは洗顔から!透明感あふれる肌を作る洗顔方法とは

美白 洗顔 近年のメイクのトレンドのひとつに、"透明感"というキーワードがあります。 透き通るようなイメージに憧れる女性も多いのではないでしょうか。 そんな肌を手に入れるために、美白有効成分配合のアイ ...


美白洗顔
美白 洗顔 人気 おすすめ ランキング 洗顔フォーム 洗顔料による美白効果は?

美白 洗顔 人気 おすすめ ランキング 洗顔フォーム 洗顔料による美白効果は? 美白したいなら洗顔から!おすすめの洗顔料で正しく顔を洗おう シミやくすみのない白い肌は若々しく、美しい肌という印象を与え ...


美白 洗顔
洗顔 方法 を変えれば美白が手に入る?顔の洗い方 正しいのはどんな方法なのか教えて!

洗顔 方法 を変えれば美白が手に入る?顔の洗い方 正しいのはどんな方法なのか教えて! 「白い肌は七難隠す」という言葉もあるほど、シミやそばかすのない美しい肌は、昔からたくさんの女性が憧れてきたものです ...

 
 

-シミ・美白の基礎知識
-

Copyright© 紫外線ケア、日焼けケアなど美白・しみのお悩み相談所 , 2019 All Rights Reserved.