シミ美白化粧品

シミ対策に光明!ハイドロキノン化粧品の効果と選び方

投稿日:

シミ対策 ハイドロキノン 化粧品 効果 選び方

ハイドロキノン配合の化粧品

シミのもととなるメラニン色素を漂白することができる成分、ハイドロキノンをご存知ですか?
美白成分にはたくさんの種類がありますが、ハイドロキノンはとくに効果が高いことで知られる成分です。

ハイドロキノンが配合された化粧品を使って、シミやくすみのない肌を目指しましょう!

 
 

ハイドロキノンってなに?

シミ、そばかす、くすみといった悩みのない美しい白い肌に憧れる女性は多く、一年じゅう美白化粧品を使ってスキンケアをしているという方も多いようです。

しかし、数か月使ってみても効果が出ない、期待したほどの結果ではなかった、ということも多々あります。

そんなときにおすすめなのが、ハイドロキノン配合の化粧品です。

ハイドロキノンはシミ、そばかす、ニキビ跡といった色素沈着をケアするために効果的です。
そのため、これからできるかもしれないシミ、そばかすを予防するためにも、できてしまったシミ、そばかすを薄くするためにも使うことができます。

ハイドロキノンはもともと皮膚科での治療でしか使用されていなかった成分なのですが、2001年の規制緩和以降、市販品にも配合されることが増えてきました。
しかし、ハイドロキノンの力は強すぎるため、肌が弱い方にとっては刺激となることもあるそうです。

 

シミができるまで

シミの原因となるものは、紫外線をはじめとする外部刺激とメラニン色素の働きです。
私たちの肌は刺激を受け、ダメージやストレスを感じると、それを回復させるために肌内部の基底層という部分にあるメラノサイトからメラニン色素を生成します。

メラノサイト皮膚組織図

メラニン色素が生成されても、肌の生まれ変わりであるターンオーバーがきちんと行われていれば、生成されたメラニン色素は角質や老廃物とともに肌の外へと排出されていき、シミやそばかすとして肌に残ることはありません。

しかし、何らかの原因でターンオーバーが乱れ、いつまで経ってもメラニン色素が排出できない状態になると、時間とともに色素沈着して、シミやそばかすとなって肌表面に現れます。

 

ハイドロキノン配合の化粧品は万能

さきほども説明しましたが、ハイドロキノンにはメラニン色素の生成にアプローチする力があります。
そのため、美白成分が効きにくいタイプのシミに対しても効果を発揮することができると言われています。

さらには、ニキビ跡や傷跡が色素沈着してしまった「炎症後色素沈着」や、女性ホルモンのバランスが乱れることでできると言われている「肝斑」、紫外線を直接浴びることで発生する「日光黒子」や「そばかす」にも効果を発揮します。

しかし、黒子(ほくろ)、痣(あざ)、クマはいくら美白を行っても改善することができませんので注意しましょう。
また、進行してしまったシミ、イボのように盛り上がったシミにはハイドロキノンでも効果が出にくいようです。

 
 

ハイドロキノン化粧品の効果とは?

メラニン色素の生成を抑える

ハイドロキノンの効果のなかでも、メラニン色素の生成を抑える効果はとくに期待できるものだと言えるでしょう。
メラニン色素を生成する工場となるのが、基底層にあるメラノサイトなのですが、メラノサイトは紫外線などの外からの刺激以外にも、年齢が原因となってメラニン色素の過剰生成を起こすことがあります。

しかし、メラノサイトの働きを根本的に停止させる、穏やかにさせるということは不可能ですので、私たちはスキンケアや紫外線対策を行って、メラノサイトと上手に付き合っていかなければなりません。
そこでハイドロキノン配合の化粧品を使用すれば、メラノサイトが活発になることを抑え、メラニン色素の生成を抑制する効果が期待できると言われています。

 

メラニン色素を漂白する

メラニン色素は生成された直後は無色なのですが、酸化酵素のチロシナーゼと結び付くことで黒色へと変化します。
チロシナーゼはメラニン色素と結び付く前に、アミノ酸の一種であるチロシンと結合するのですが、メラニン色素とチロシンが出会う前にハイドロキノンがチロシンと結合してしまいますので、メラニン色素が黒くなることを防げます。

そしてハイドロキノン最大の特徴が、メラニン色素の色を還元する力です。
還元とは、すでにシミへ変化してしまったメラニン色素の色を無色へと近付けていくことを指します。
このチロシナーゼと結び付いたメラニン色素の色を薄めることができることから、ハイドロキノンは肌の漂白剤という異名も持っています。

 
 

ハイドロキノン化粧品を買ってみたい!

ここまでに紹介してきたポイントを見て、ハイドロキノン配合の化粧品を使って美白を行いたいと思った方は多いのではないでしょうか。
ハイドロキノン配合の化粧品は、皮膚科に行って処方されるものと、市販品があります。
それぞれに違いがありますので、覚えておきましょう。

皮膚科で処方してもらうハイドロキノン化粧品

この場合はまず皮膚科を受診して、ハイドロキノン配合化粧品を使いたい旨を相談する必要があります。
自分の肌質に合わせたものを処方してもらえますし、医師の診断を受けることで安心感も得られます。

しかし、処方してもらうためには通院しなければなりませんし、保険適用外となって全額自己負担となることもあります。
さらに、ハイドロキノンの濃度によっては副作用が現れることもあります。

 

市販されているのハイドロキノン化粧品

ドラッグストアや通信販売などで購入できるハイドロキノン配合化粧品は、安価なものもありますので使いやすいと言えるでしょう。

とはいえ、ハイドロキノンを選ぶ際には配合されている成分の濃度に注意する必要があり、いきなり購入することに不安を感じることもあるかもしれません。
市販されているハイドロキノンの濃度は1%から3%程度のものが多くなっていますが、それでも効果は十分に得られますので、濃度が低いものから始めましょう。

 
 

ハイドロキノン配合の化粧品を選ぶコツ

濃度

ハイドロキノンの刺激が感じにくい、少ないと言われるのは1%から3%程度の濃度のものとなっています。
ハイドロキノンを初めて使う方、敏感肌の方は低めの濃度のものを選んでください。

濃度が4%から5%になると美白の効果が分かりやすい、と言われています。
しかし、肌質によっては刺激や赤みが出ることがありますので、ある程度ハイドロキノンに慣れてきてから使うのが良いでしょう。

ハイドロキノンの濃度が5%以上のものもありますが、5%を超えると刺激が強くなりすぎるため、市販品ではなく皮膚科、美容クリニックに行って処方してもらうようにしてください。
美白効果を求めるあまり、肌を傷付けたり、負担を与えてしまっては、せっかくのハイドロキノン化粧品の効果も半減します。

 

使用する前に一度テストする

ハイドロキノン配合の化粧品を購入する前には、一度サンプルやトライアルセットを使って使用感、肌に対する刺激の強さを確認してみましょう。
きちんとハイドロキノン配合化粧品を試してから、アイテムを使い続けることができるかどうか判断してください。

 

使い続けられるものを選ぶ

美白というのは継続していくことで効果が現れるものです。
シミやそばかすが消えるまでには、ターンオーバーが2回から3回以上行われる必要がありますので、2か月から3か月は使い続ける必要があります。
繰り返し購入することができるお値段のものを選ぶのも大切です。

たまに口コミで「1週間でシミがなくなった!」というものも見付かりますが、かなり稀なケースであると思っておいた方がよいでしょう。

 
 

ハイドロキノン化粧品を使って気になるシミを根本的に解消!

ハイドロキノン配合の化粧品を使えば、メラニン色素に働きかけることでシミ、そばかす、くすみなどの肌悩みを解決することができるかもしれません。
皮膚科に行くことが難しい場合には、市販されているものでも十分効果が得られますので一度試してみてください。

 

 
 

-シミ美白化粧品
-, , , , ,

Copyright© 紫外線ケア、日焼けケアなど美白・しみのお悩み相談所 , 2019 All Rights Reserved.