シミ・美白の基礎知識

シミを増やさない方法 これ以上シミを増やさないためにできること

更新日:

シミを増やさない方法
これ以上シミを作らせないためにできること、あります!
初めて顔にシミができているのを見付けたときのショック、覚えていますか?なんだか急に老けてしまったような気持ちになった方もおられるのではないでしょうか。
また、今のメイクのトレンドは美白に寄っているので、透明感があってシミやそばかすのないお肌になりたいと思っておられる方も多いと思います。そのために大切なのは、美白のケアです。シミを増やさずに過ごすために必要なポイントを、まとめて紹介したいと思います。

シミ増やさない

 
 

シミは3種類ある

シミ、と言っても実はできる原因によって3つに分けられます。

1. 年齢とともに増える、老人性色素斑

これは紫外線を受けたことでできるシミのことです。シミの原因としては最も多いと考えられています。陽射しが当たりやすい頬骨のあたりにできることが多く、大きいものは10ミリ程度になります。男女問わず、老人性色素斑はできます。

2.女性にだけできる、肝斑

30代から40代にかけて、女性の額や頬の部分にできるシミです。左右対称にできるのが特徴で、妊娠・出産を経た方、閉経した方にできやすいため、その原因は女性ホルモンによるものだと考えられています。

3.若い世代にも目立つ、そばかす

小さなシミが頬のあたりを中心に散らばっているものが、そばかすです。この原因は遺伝だと言われており、10代のうちに悩まされる方も多いようです。年齢とともに次第に消えていく方もおられますが、紫外線を受けることで濃度が増すこともあるらしく、気になる場合は対策が必要です。

 
 

シミはどうしてできてしまうのかを知り、対策を考えよう

シミはできる前に何か症状がでることもないので、気が付いたときにはすでにシミとなってしまっています。しかし、どうしてシミができてしまうのかを知ると、シミができる前に打てる対策も見つかりますよ。

紫外線を浴びるとシミができる

老人性色素斑の原因は紫外線です。紫外線を浴びると、体の中には活性酸素が発生します。すると私たちの体は急いで肌を守ろうと働き始め、脳からメラノサイトという工場のような場所に向けてメラニンが生成するように指令が出されます。この際、メラノサイトの中ではチロシナーゼという成分が活発になり、メラニンを作りだします。
メラニン色素がシミの原因となるのは有名だと思いますが、本来は私たちの肌を守るために作られたものだったというのは、少し意外ですね。

ですが、いくらメラニンが作り出されても、お肌のターンオーバーが正常に行われているのであれば生成されたメラニンは排出さるため、特に心配はいりません。
困るのは、年齢や乾燥、ストレス、寝不足といったことが原因でターンオーバーが乱れている場合です。ターンオーバーができないと、メラニンは肌内部に留まったままになり、シミになって表皮に現れます。
しかも、シミをそのままにしておくと、さらに紫外線を浴びることで色が濃くなっていき、目立ちやすくなります。

強い刺激を肌に与えるスキンケアもシミの原因になる

お手入れの際に肌を擦りすぎると、肌がダメージを受けてメラニンを生成し、シミを作る原因となります。
クレンジングや洗顔のときに肌を擦りすぎている、スキンケアのときにコットンが毛羽立つくらいの力で擦っているという方は注意してください。
とくにコットンは摩擦になりやすいので、摩擦を起こさないように化粧水などはしっかり使うこと、滲みこんだ化粧水がもったいないからと時間をかけてゴシゴシ擦るといったことはしないようにしましょう。激しいパッティングもおすすめしません。

 
 

シミを作らせないための生活習慣を知ろう

シミを新たに作らせないためには、紫外線ダメージを避けることと、優しくスキンケアをすることが大切です。ここでは、もう少し詳しくシミを作らせない方法について解説します。

日焼け止めは1年中使う

「SPF値、PA値が高い日焼け止めを塗ったから、塗り直さなくても平気!」と思われていませんか?いくらSPF値やPA値が高い日焼け止め塗っていても、時間が経つと皮脂や汗、擦れといったことで日焼け止め効果は落ちています。2時間から3時間ごとに塗り直すのが理想的ですが、メイクを落としてもう一度日焼け止めから塗っていくのは現実的ではありませんので、メイクの上からでも使えるスプレータイプのものや、持ち運びに便利なパウダータイプの日焼け止めを持ち歩くようにしましょう。

また、紫外線は季節を問わず降り注いでいますので、秋冬には日焼け止めは不要、なんてことはありませんよ。

日焼け止めの選び方 日焼け止めやUVケアにはどんな種類があるのか? その注意点とは?

日焼け止め 選び方 UVケアのコツ 日焼け止めやUVケアにはどんな種類があるのか? 太陽が出ていない、今日は雲っているからといって、日焼け止めをぬらない、uVケアを怠るのは大変危険です。 紫外線は太陽 ...

スキンケアで使いたい成分を意識する

できてしまったシミを消すためには長い時間がかかります。しかしシミが少しでも薄くなれば、気持ちは随分と明るくなるものです。そのために使いたいのは、美白に有効な成分です。とくに、ビタミンC誘導体が使いやすくおすすめです。
ビタミンC誘導体が配合された化粧水などを使って毎日のスキンケアを行ってみましょう。

たまにはスペシャルケアをするのも良い

ターンオーバーを整えるためには、睡眠や食生活などに気を遣わなければいけません。しかし、毎日忙しくしているとゆとりもなく大変ですよね。そんなときには、肌に残っている余分な角質や汚れを取り除くピーリングをしてターンオーバーを助けるのも手段のひとつです。
ただし、ピーリングは肌への刺激が強いものですので、行うのは週に1回程度が良いでしょう。

うふ肌 口コミ 効果 美白 ホワイト ピーリングジェル うふはだ 通販 最安値 ブログ ポロポロ
美白 ピーリング 人気 おすすめ ランキング

美白 ピーリング 人気 おすすめ ランキング を紹介します 美白になる方法として、汚れをきちんと落とすことは肌のターンオーバーを整える上で重要です。 汚れをきちんと落とすと言えば「洗顔」や「クレンジン ...

食べたいのはビタミンCを持つ食品

スキンケアだけでなく、食生活にもビタミンCを取り入れるとシミ対策になります。ビタミンCの効果は、メラニン生成の抑制、活性酸素の発生を抑えるというものですので、積極的に食べていきたいですね。しかし、ビタミンCは食べたら長時間体内に留まって吸収されるという成分ではありませんので、毎日食べることが大切です。
ゴーヤ、キウイ、赤ピーマン、パセリといった食材がビタミンCを豊富に含んでいますが、毎日十分な量を食べるのは大変ですので、サプリメントなどで補うのも良いですよ。

スムージー シミ 原因
朝のスムージーがシミの原因に?

スムージーを飲むとシミができる!?それってどういうこと? 野菜と果物を使って作るスムージーは、新鮮な野菜と果物からビタミン、ミネラル、食物繊維をダイレクトに摂取できるということもあり、女性を中心に人気 ...

代謝アップで綺麗な肌を目指す

運動をすると新陳代謝が活性化します。すると、代謝によってメラニンが排出される効果が期待できます。無酸素運動と呼ばれる、筋トレや短距離走がとくに有効です。新陳代謝は体のためにも良いものですので、なるべく意識したいですね。

睡眠をおろそかにしない

見たいドラマがある、ついだらだらとネットを見ているということは誰にでもあることですが、しっかりと眠らないとターンオーバーは乱れていくばかりです。また、眠っているうちに分泌される成長ホルモンはお肌のためにも欠かせないものです。
就寝前の30分前までにテレビ、PC、スマホは切り、22時から2時のあいだに増える成長ホルモンを逃さないよう、早めに就寝するようにしましょう。

健康的な生活を送ろう

度重なる夜更かしや、食生活の乱れが積み重なると、女性ホルモンの中にあるふたつのホルモンのバランスが正常ではなくなります。このバランスの乱れがメラノサイトを刺激してシミを作ることもあります。
また、女性ホルモンの乱れは肝斑にもつながりますので、注意が必要です。

ドロドロ血液にならないよう気を付けて

血液の流れが悪いと冷えやくすみの原因になります。それがまたシミを作りだす原因になってしまいますので、血液の流れがスムーズにいくように美容オイルを使ったマッサージをするのもおすすめです。
また、血液サラサラ効果があると言われる食べ物も効果的ですので、納豆、青魚、レモンといった食材を意識したメニューを食べるのも良いと思われます。

 
 

どれかひとつからでもシミ対策を始めてみては?

シミ対策のために気を付けたいことは沢山ありますが、どれも実践しやすいことばかりです。しかし、一度に全てのことを始めるのは大変かもしれませんので、自分がやりやすいことからひとつずつ行ってみるのも良いでしょう。
そうすれば、これからシミが増えるのを防げるかもしれません。あとは、自分の努力と継続次第ですよ。

 
 

-シミ・美白の基礎知識
-,

Copyright© 紫外線ケア、日焼けケアなど美白・しみのお悩み相談所 , 2019 All Rights Reserved.